初心者が中国輸入ビジネスで稼ぐ方法

最近は、物販ビジネスや転売、せどりなどのワードも頻繁に耳にするようになりました。

今回はそんな副業の中でも、初心者でもできる

中国輸入の転売ビジネスについてご紹介していきます。

まず中国輸入といっても様々な種類があります。

OEMODMのように、

オリジナルの商品を中国で製造・輸入し日本で販売するものから、

初心者でも手軽に始めることのできる、

既存の商品を仕入れて日本で販売する方法もあります。

今回は初心者でも比較的始めやすい後者の方法をご紹介します。

ポイントは大き分けると3つです。

その特徴をつかむことで初心者でも稼ぐことができます。

1-1 仕入れ

1つ目のポイントは仕入れです。

物販において初心者は「売り方」にフォーカスする方が多い傾向にあります。

しかし売ること同様に「仕入れ方」は非常に重要です。

物販はいかに低価格で仕入れ、いかに高価格で売るかが重要です。

どれほどプロモーションやマーケティングを行っても商品の売値には限界があります

中国経済が急成長して物価は上昇傾向です。

現在も依然として「世界の工場」としての可能性は大いに保持しています。

つまり低価格で買い付けるための仕入れ元としての機能は健在ということです。

1-2 仕入れ方

そして中国輸入での仕入れ方です。

主な中国輸入の仕入れ方は、

  • 中国を実際に訪れ現地で購入する方法
  • ECサイトを活用し仕入れる方法

2種類があります。

現地購入の場合、言葉の壁があるので、通訳や代行パートナーが必要です。

また現地購入の場合は商品知識がなくては対応してもらうのが難しいというデメリットがあります。

今回は初心者向けの解説なので、こちらはハードルが高く初心者には向いていません。

一方でECサイトは、上記のようなデメリットが比較的少ないので初心者にはこちらがおすすめです。

1-3 仕入れ先におすすめのECサイト

中国には様々なECサイトが存在します。

今回は中国の大手ECサイトを3つピックアップしてご紹介していきます。

1.世界的に最大規模のECサイト「タオバオ」

ファッションや電化製品、化粧品を筆頭に10億点以上の商品を抱えています

商品数が多いということはそれだけ商品が安価になり低価格での買い付けが可能ということです。

さらに個人で出品している割合が高いので、比較的小ロットからの仕入れが可能です。

これから中国輸入を始めていきたい初心者におすすめできます。

2.タオバオと同じ会社が運営の「Tモール」

個人業者を仕入れ先にする中国輸入は品質や取引に不安をお持ちの方も多いでしょう。

しかしこちらは法人が出品しているので比較的信頼がおけます

さらに商品によってはタオバオとそれほど値段が変わらないこともあります

こちらも並行してチェックするようにしましょう。

3.商品数に定評がある「アリババ」

こちらが前者と異なる点は、アリババを通じて工場からの直接仕入れが可能なことです。

それに伴い小ロットではなく、複数ロットでの仕入れが基本になります。

そのため初心者でも資金力のあるユーザーにはおすすめのサイトです。

まずは初心者に最もおすすめな「タオバオ」をベースに、

3サイトを比較しながら、中国輸入の経験を積んでいきましょう。

2-1 目利き

実際にどのような商品を仕入れれば良いのでしょうか。

2つ目のポイントは、仕入れ商品を選択する「目利き」です。

中国輸入では膨大な商品が存在します。

それに伴い何を扱うかを選定する目利きが重要になります。

目利きをする際には、

  • ベーシックな物を扱う
  • ニッチに特化する

かの2つがあります。

物販は需要と供給で成り立っています。

なので売れ安い商品とは絶えず需要のある商品です。

2-2 おすすめの商品

例えば、ファッションであればベーシックなものが扱いやすいです。

ファッション業界は、季節物や人気のブランドなどトレンドの変容が著しい産業です

そのためリサーチによって流行を先取りしトレンドに合わせた仕入れが出来れば、稼ぐことは可能です。

しかしまず初心者はベーシックな商品に目を向けていきましょう。

特に後半でご紹介するフリマアプリでは、レディースアパレルが最も売れやすいです。

ニッチな産業に特化する場合は、

一例として「コスプレ」関係は扱いやすいです

ニッチ産業はそのジャンルの特化している方であれば、物販が初心者も始めやすいです。

ハロウィンやクリスマスなどイベントに合わせて仕入れを行うことで効率的に稼ぐことが可能です。

3-1 販売先

3つ目のポイントはどこで売るかです。

おすすめはフリマアプリ、ラクマです。

最近はメルカリの台頭で、アマゾンやヤフオクよりも手軽に利用できます。

そのためフリマアプリのユーザー数は急増しています

また手軽さに加え、出品や配送サービスが日々アップデートされ利便性も日々向上しています

3-2 フリマアプリ

フリマアプリを活用するには2つのポイントがあります。

  • 低価格の商品を扱う
  • 若者(1020代)をターゲットにする

ことが上げられます。

フリマアプリではユーザーの年齢層が低いため、

高価格の商品は売れにくいのが現状です。

しかし中国輸入ではもともと低価格の商品を扱うことをベースにしているので、

このようなフリマアプリの特徴はポジティブに作用します

特に3000円~10000円前後の商品を扱い循環させていくことが最も効率的です。

数百円の商品を扱う場合単純作業が増え、コスパが悪いのでおすすめしません。

3-3 ラクマ

フリマアプリといえばメルカリが有名です。

しかしメルカリは規制が厳しく、何と言っても手数料が高いというデメリットがあります。

その反面ラクマは、規制が比較的ゆるく手数料は3.5%と安い特徴です。

手数料が安いということは、その分利益率が高いということになります。

また商品検索で「売り切れのみ」を選択して、

どのような商品が売れているのかをリサーチすることも可能です。

売れているということは、今後も需要が見込めるということです。

なので、中国輸入の前には必ず行うことをおすすめします。

4まとめ

今回の記事では、初心者が行う中国輸入転売をご紹介してきました。

その中で「仕入れ」にはタオバオがおすすめ。

「目利き」には、

  • ベーシックな物
  • ニッチな物
  • レディースアパレル

が最もおすすめ。

「販売先」は規制や手数料の点から、

ラクマがおすすめ。

という3つのポイントをご紹介しました。

これらが初心者の中国輸入ビジネスの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です