中国輸入で売れない人に共通している”大きな間違い”とは|正しく稼ぐ方法を解説します

最近は副業の関心も高まり、中国輸入ビジネスを行う方が増えてきています。

しかし「売れない」「稼げない」という声を頻繁に聞きます。

あなたはどうでしょうか。

商品が売れないことには必ず原因があり、

「売れない」「稼げない」と嘆いているだけでは

いつまでたっても売れるようにはなりません

  • 原因を明確にし
  • 原因にあった改善策
で対応していくことで、「売れる」ようになります。

今回はそんな中国輸入ビジネスで

「売れない」「稼げない」と悩んでいる方に向けて、

売れない原因とその改善策をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

売れない原因

なぜあなたの商品が売れないのか

その原因を明確にできるでしょうか。

原因をロジカルに説明できれば、あとは改善していくだけです。

また原因がわかっているのであれば、

改善策をロジカルに説明できるでしょうか。

この原因か改善策を理解できれば必ず売れるようになります。

まずは売れない原因をみていきましょう。

中国輸入で売れない原因は、

  1. リサーチ不足
  2. 他の出品者より価格が高い
  3. 検索上位に上がってこない
  4. ターゲットが明確ではない
  5. レビューが蓄積されていない
  6. 資金ショート
こちらの6つが主にあげられます。

それでは具体的にそれぞれみていきましょう。

1.リサーチ不足

まずは、商品リサーチについてです。

かなり初歩的ですが、中国輸入ビジネスにおいて楽して稼げるようにはなりません。

部活動や勉強、仕事においてもそうでしょう。

どの分野においても、練習や勉強、努力無くして、成果をあげることはできません。

中国輸入ビジネスでもこれは同じで、

リサーチ努力をしなければ売れるようにはなりません

リサーチ努力を行わず、

「売れない」「稼げない」

と悩む方は意外にも多い印象を受けます。

もちろん効率的にリサーチする方法や売る方法はあります

効率的になるだけであって楽しているわけではありません

例えば

  • 100種類の商品をリサーチして商品選定
  • 10種類の商品をリサーチして商品選定
した場合では、圧倒的に前者の方が売れる可能性は高いですね。

仮に後者で売れてもそれは、まぐれでしかありません。

特に相乗り販売では、自身の仕入れた商品に競合が出てくることもしばしばです。

そんな時にこそ、他の商品をリサーチし商材のジャンルや幅を広げていかなくてなりません。

つまり

  • 沢山の商品やノウハウをインプットし
  • 自分のキャパシティを豊かにする
ことが売れる商品選定に繋がり、稼げるようになるのです。

改善策として、リサーチを

  • 継続的に行う
  • 効率的にする
ことが重要です。

そんな際には、中国輸入における仕入れ商品検索ツールを活用し、効率的にリサーチできるようになります。

売れない原因1 リサーチ不足
改善策 リサーチを継続的に効率的行う

2.他の商品より高い

消費者が商品を購入する際、商品の価格は最も気にするポイントしょう。

基本的に、消費者は商品のスペックに大差ない場合は安価な商品を購入します。

そのため中国輸入ビジネスで販売する際に、商品価格は最も気をつけたいポイントです。

相乗り販売では価格競争になることが多いので、特に気をつけるべきポイントになります。

例えば、消費者がAmazonマーケットプレイス上での商品選定で、

  • あなたの商品と
  • 他の販売者の商品
を比較し、

後者の商品を購入した場合、

  • 売れた販売者の商品ページの CVR(コンバージョン率)が上がり
  • あなたの商品ページのCVRが下がり
ます。

するとAmazonマーケットプレイス上では、消費者にとってあなたより他の販売者の商品の方が優れていると評価されます。

つまりこのように「売れた商品」を販売している販売者は

「消費者にとって有益な商品販売者」

と認知され、検索でも上位に上がる可能性が高くなります

しかし価格競争になってしまう場合、資金力のある販売者が必ず優勢になります。

これは需要と供給で回っている経済の世界では市場の原理として働き、一種のスケールメリットの世界とも言い換えることができるでしょう。

このような市場での改善策としては2つです。

  1. 資金を蓄えて商品価格で勝負する
  2. あなたのオリジナルの商品を販売する
という方法で「売れる商品」を販売します。

売れない原因2 他の出品者より価格が高い
改善策 「売れる商品」を販売する

3.検索上位に上がってこない

例えば、ライティング業務を行なったことのある方であればご存知でしょう。

検索上位に自分の商品をあげるには、基本的に

  • Googleのキーワードプランナー
  • Googleトレンド
  • Googleサジェスト
を活用しますね。

そしてこれらのキーワードツールから検索されたキーワードを、

  • 商品ページ上のタイトル
  • 出品キーワード
に記載し、出品することでしょう。

これは通常のアフィリエイトや記事作成には効果的な方法ですが、商品ページ上のCVRとは似て非なるものです。

つまり上記の「他の商品よりも高い」であげたような理由で検索上位に上がってこないことにつながります。

これを改善するには先ほどのツールの活用に加えて、

その商品やキーワードのCVRのデータを見るために、他のリサーチツールを活用する必要が出てきます。

自分の商品が売れないことの1つは検索上位に上がってこないことですので、

なぜ上がってこないのかを明確にしていくことが必要です。

売れない原因3 検索上位に上がってこない
改善策 リサーチツールを活用しなぜ上がってこないのかを明確にする

4.ターゲットが明確ではない

現在の世の中は多様化が進んでおり、それは購買行動においても例外ではありません。

特に日本では商品の大量生産大量消費といった流れは落ち着き、

近年はものづくりやサービスにおいて

大衆向けの商品から個人向けの商品への変容

という流れが見られます。

つまり以前よりも比較的ターゲット層を細分化していかなくては商品が売れないのです。

そのため、中国輸入ビジネスにおいても

ターゲット層にあった商品を提供する必要があります。

例えば洋服を売る場合、

  • 耐久性や通気性
  • 動きやすい
  • おしゃれ
  • 可愛い
をキーワードにして販売するとしましょう。

消費者からすれば、

  • この商品の強みは何で
  • それによって自分はどのような恩恵を受けられるのか
が気になります。

つまり耐久性が強みの商品であれば、

この商品は耐久性に優れている強みが在るから長い期間着用できる商品だな。ということです。

ここで耐久性や通気性など様々なキーワードが盛り込まれている商品は成立するのでしょうか。

一見いいことづくしに紹介されていても、書きすぎている場合、

結局はその商品の良さは何なのか明確ではありません。

すると消費者には刺さらない。

つまり売れにくい商品となってしまうのです。

改善策としてはニッチな商品で攻めるべきというわけではなく

ターゲットとする消費者が

  • 何を求めているのかを明確にして、
  • その商品の強みを最適化し
  • ターゲットをきめる
必要があります。

売れない原因4 ターゲットが明確ではない
改善策 ターゲット層にあった商品を提供する

5.レビューが蓄積されていない

あなたはECサイトで商品を購入する際、何を見て購入を決めるでしょうか。

レビューを見てその商品の生の声を確認してから購入する方は多いのではないでしょうか。

価格や品質などはもちろんですが、それに補完的でありながら非常に重要になってくるのが商品レビューです。

Amazonマーケットプレイス上でも、

  • レビュー欲しさに報酬を与えレビューしてもらおうとする販売者
  • クラウドソーシング上の発注者でレビュー依頼する販売者
なども散見されます。

しかし報酬を与えることでレビューしてもらう行為は禁止されています。

販売者や発注者がレビューを求めていることは、

逆に言えばレビューが非常に重要なことの裏返しでもあるのです。

レビューが蓄積されておらず、販売に繋がらないのは頻繁に耳にします。

しかし、これは簡単に解決するのは難しく、コツコツと商品を売っていく他ありません。

良い商品を販売できれば消費者はレビューしてくれるので、それを待つしかありません。

  • レビュー欲しさに報酬を与えること
  • グレーゾーンの行為
は、アカウント停止などの処置を取られる場合もあります。

Amazonのようなプラットフォームに依存して販売しているのであれば、その規約には細心の注意を払う必要があります

売れない原因5 レビューが蓄積されていない
改善策 コツコツと商品を売っていくしかない

6.資金ショート

個人で中国輸入ビジネスを行う際に、お金の問題は最も気にかけるポイントです。

個人事業として中国輸入を行うには、資金に限界があります。

少ない資金で始めてしまった場合やキャッシュフローが安定しないにも関わらず次の仕入れを行なってしまったなどの悩みを頻繁に見聞きしますが、資金がショートしてしまったら元も子もありません。

ビジネスモデル的にも単純とされる「物販系ビジネスの代表的な中国輸入ビジネス」は、それ故に難しい点も沢山あります。

キャッシュフローを考える上でも、

資金は最低でも50万円程度はあると望ましいです。

もちろん少額からでも始めることが可能ですし、クレジットカードの借り入れなども行えば気軽に始めることはできます。

しかし稼ぐためには元手があったほうが

  • 圧倒的に成長スピードも早いですし
  • 安心して事業を運営していく
ことができます。

自分の資金に見合わない取引は避け、

必要であれば事業計画をしっかりたててから取引に臨みましょう

売れない原因6 資金ショート
改善策 必要であれば事業計画をしっかりたてる

まとめ

今回の記事では、6つの事例を挙げて、

中国輸入ビジネスで売れないと嘆いている方

へ向けてご紹介してきました。

様々な視点から売れない原因を考察できますが、

ひとまずこの6つを参考に自分び当てはめて考えてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です