転売の商品選定はここを見て決めろ!おすすめ商材や選び方を解説します!

2018年頃から副業が解禁となりました。

収入を増やすために転売を始めてみよう。

もしくはもう始めているという方も多いのではないでしょうか。

今回の記事はまだこれから

  • 転売を始めてみようと思う方
  • まだ転売の経験が浅い方
  • 最初に取り組みたいおすすめの転売方法

について解説していきます。

まずは不用品を出品してみる

まず最初に転売に取り組み易い商材として代表的なものは自宅の不用品になります。

もう使わなくなった

  • 家電
  • CD
  • DVD
  • ゲームソフト
  • スポーツ用品

何でも販売することが可能です。

使わなくなった物であればどのような物でも基本問題ありません。

ただし、

  • まだ十分使用できる状態が良いもの
  • 付属品が揃っている商品

であれば販売金額も高く設定できるのでお勧めです。

ヤフオクの出品機能も活用する

いくつかピックアップしヤフオクへ出品してみましょう。

メルカリでも不用品の販売はもちろん可能ですが

ヤフオクでのみ可能なおすすめジャンルに関係することもあり

最初はヤフオクでの販売をお勧めします。

出品する商品は不用品ですので原価ゼロと考えれば

売れた分だけ利益になるので次のステップで必要になる

仕入れ資金に充てることも可能です。

初心者におすすめのジャンル

初心者にはヤフオクの1円出品がおすすめです。

出品から販売、梱包、発送までの一連の流れを簡単に経験できるのはヤフオクの1円出品が最適です!

1円出品とは、

  • 設定した期間内に1円からオークション入札を開始する方法
  • 期間終了時に一番高い入札価格を付けた入札者が商品を購入できる

ヤフオクでの販売方法です。

最初の販売価格を1円で出品することに抵抗があるというかたもいます。

確かに1円の入札が1件だけで終わる場合もあります

その場合でも商品の

  • 送料負担を落札者負担
  • 実際に必要な送料を出品時に設定しておく

そうしておけば原価は不用品ですのでゼロと考えれば損をすることはありません。

1円出品ならではのメリット

ほとんどの商品は入札終了時には1円からその商品自体の市場価格まで金額は上がっていきます

1円出品で出品することで通常の出品よりも

  • 商品ページへのアクセスが上がるようヤフオク側でカテゴライズされている
  • 価格を安い順に並べかえ商品を探している人も一定数いる

なので中途半端な価格帯で出品するよりも多くの方からのアクセス、入札を見込むことができます。

オークションの終了日時について

一般的にオークションの終了する時間帯は夜の時間帯(2023時)が落札価格が高くなります。

朝の早い時間帯などに設定すると入札する参加者も少なくなり価格も上がりにくくなってしまします。

スマホで気軽の入札に参加できるので以前ほど終了する曜日にはこだわる必要はないです。

ヤフオクが企画している落札者に対し一定のボーナスを付与するキャンペーン日があります。

終了日をあわせることができれば落札価格があがる要因になります。

ヤフオクの代表的なキャンペーンとしては

  • 落札価格の5%Tポイントでもらえる『5のつく日』。
  • 1等であれば3万ポイントまで還元される『ヤフオク!Sundayくじ』が行われる5のつく日。

他にも、日曜日に終了日をあわせると効果的です。

商品タイトルの付け方

商品を探している方が検索する際に検索するワードを必ず商品タイトルに盛り込みましょう。

  • 商品名
  • 型番
  • メーカー
  • カテゴリー
  • 商品の状態などに加え違う読み方(カタカナ・英語)

なども盛り込むとページの閲覧数も増加!

同じ商品を扱う楽天やヤフーショッピングのショップが付けている商品名が参考になります

そこに商品の状態などを加えればあっという間に完成。

例:セイコー5 SEIKO5 腕時計 逆輸入 自動巻き SNZG15J1 状態良

写真

少なくても3枚は写真を付けてください

1枚目:メイン商品写真

2枚目:付属品を含めた販売する全部を確認できる写真

3枚目:1枚目とは違う角度からのメイン商品写真

角度の違う写真や、付属品の写真も付けることで信頼してもらえます。

説明文

丁寧に書くことは重要ですが、あまりにも長い文章ですと読んでいる方も途中でページを離れてしまいます

この際には、欲しい情報を簡潔に記載してあげれば問題無し

商品状態:問題なく動くのか?汚れ、キズはあるのか?

付属品:欠品はあるのか?

実例から解説!おすすめ商品

おすすめの定義としては、ほぼ高い確率で1円出品終了時に市場価格近くで終わる可能性が高い商品になります。

以下にあげるような商品に関連するものが眠っているのであれば、出品をおすすめします。

トレンド性のある商品

引退を発表したり、○周年盤などを発表したアーチストなど話題性があるキーワードに関連する商品。

(過去のCD,DVD、コンサートグッズ、雑誌切抜きなど)

普遍性のある商品

ブランド名がある普遍性の高い商品には常に一定の需要があります。

商品の状態がよければ、新品に準じる価格まで最終的に金額が上がる場合もあります。

実例:

以前に、購入後数回しか使用せず長い間使わなかった腕時計を1円出品で販売しました。

商品は前章の商品タイトル例でもありましたセイコーの腕時計

現在でも販売しているモデルで新品の価格は1万~1.2万円でした。

結果として、オークションでの最終落札価格は8千円になりました(発送送料は別)。

このように不用品が商品状態が良かったとはいえ

新品価格の約8割程度で販売できる場合もあります。

初心者に非おすすめ・扱うのが難しいジャンル(商品)

非おすすめ・扱うのが難しいジャンルの定義として

売れても損をしてしまう可能性がある商品と定義します。

トレンド商品

おすすめ商品にトレンド性のある商品と説明しました。

人気が急上昇しているトレンド商品を新しく仕入れ、販売することはもちろん。

転売の売買差益を得るポピュラーな手法です。

しかし売却するタイミングが遅れると仕入れた金額以下でしか売れないことがトレンド商品にはあります。

スピードとタイミングが大切な転売手法です。

なので一定の転売経験を積んで取り組むジャンルであるといえるでしょう。

輸入・輸出などの国を超える転売

輸出入の転売手法は

  • 中国からの雑貨輸入
  • 海外AmazonEbay

ネットで検索をすればたくさん紹介されています。

オススメしない一番の理由として国内で完結する転売と比べ、

キャッシュフローが概ね悪いという点につきます。

副業で転売をはじめる当初は少ない資金ではじめられる方が大半であると思います。

少ない資金の間はいかに

  • キャッシュフローを重視させるか
  • 資金を回転出来るか

といことがポイントになります。

まとめ

ヤフオク転売での注意点とまず何をするべきか、最後に3つにまとめました。

1.初心者はどのようなジャンルから入るべきか

家にある不用品をまずヤフオクで1円出品し、軍資金を作りましょう。

そして片付いた部屋で次にどのような転売をやっていくのかを改めて考えて見ましょう。

2.利益を出してきたらどのように展開するべきか

様々な転売手法がネット検索すれば見つかります。

流行りなどはありますが、基本的にどの手法でも稼ぐことができます。

まずひとつのジャンルに絞り取り組むことからはじめましょう。

3.転売でうまくいくために大切なこと、注意点

新しいことを始めた場合、大抵は時間がかかり失敗と伴います。

そこであきらめず継続することができれば成果は必ずついてきます。

自分の力で稼ぐ喜びをともに共有しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です