中国輸入はスポンサープロダクトを有効に使えば、素人でも稼げる件

効率的に広告掲載できるスポンサープロダクトについてご存知でしょうか。

中国輸入ビジネスを行なっている方であれば、効果的に活用している方もいらっしゃることでしょう。

またご存知ない・使ったことがない方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回の記事では、そんなスポンサープロダクトを活用し効率的に売り上げを立てていく方法についてご紹介していきましょう。

スポンサープロダクトとは

まずは今回のテーマであるスポンサープロダクトについてみていきましょう。

Amazonで出品する際には、小口出品者と大口出品者の2つのプランがあります。

スポンサープロダクトは、大口出品者専用のサービスです。

以前は法人限定のサービスでしたが、現在は個人でも利用可能です。

スポンサープロダクトは、Amazonで大口出品者に登録している出品者が、Amazonの公式ホームページ上に広告掲載できるサービスとを指しており、PPC(クリック課金)ともいえます。

スポンサープロダクトの特徴は、

  • 低予算で広告をかける事ができる
  • 効率的に集客しアクセス数を稼ぐ事ができる

ため、効率的に商品の売り上げを確保できるようになります。

広告の種類

スポンサープロダクトには、次の2つの広告掲載方法があります。

  1. オールターゲッティング
  2. マニュアルターゲッティング

1.オールターゲッティング

Amazonが自動的に掲載する広告を選定して掲載する方法です。

キーワードを指定する必要はなく、Amazonが自動で関連するキーワードを選定するので効率的です。

こちらは、自分のノウハウや理論がある方には不向きな方法です。

Amazonの非常に豊富なデータベースで効果的に掲載してくれるので、これから初める方はまずこちらで試してみるのがおすすめです。

2.マニュアルターゲッティング

出品者が自らキーワード選定を行います。

出品者が指定したキーワードが検索された時のみ広告が掲載されます

  • 消費者を選定したい
  • 細分化してデータを集めたい

ときなどはこちらをおすすめします。

スポンサープロダクトの広告掲載方法は2種類
1.オールターゲッティング
2.マニュアルターゲッティング

広告費の支払い

スポンサープロダクトを利用すれば、広告費の支払い義務があります。

支払い方法はクレジットカード払い、または売り上げの残高から支払う事ができます。

クレジットカード払いは一般的ですが、売り上げの残高から支払う場合は、売り上げから次の売り上げ見込みを立てる事ができるので、資金を減らさずに広告掲載できます

広告費の支払い方法
1.クレジットカード払い
2.売り上げの残高から支払う

スポンサープロダクトの利用条件

先ほど簡単に利用条件をお伝えしましたが、スポンサープロダクトは誰しも利用できるわけではありません。

ポイントは出品者プランです。

それでは具体的に見ていきましょう。

出品者プランの種類

Amazonで出品するには次の2つのプランがあります。

  1. 小口出品者プラン
  2. 大口出品者プラン

それぞれの特徴を理解しているでしょうか。

1.小口出品者プラン

小口出品者プランは、月額料金無料で利用できます。

商品が1つ売れた場合に、基本制約料金100円の請求があります。

Amazonを利用している利用料と捉えればよいでしょう。

またAmazon上ですでに出品されている商品しか出品する事ができません。

つまりOEMのような形の商品は出品する事ができません。

小口出品は簡易的でお小遣い程度に販売したいユーザーに向いているでしょう。

2.大口出品者プラン

大口出品者プランは、月額利用料金4900円が発生します。

基本制約料金は無料です。

利用規約に違反しなければ、OEMなどのオリジナルの商品の販売も可能です。

大口出品は、ある程度の規模感での副業、本業として取り組みたいユーザー向けのプランになっています。

出品プランは2種類あり、
小口出品者プランは、月額料金無料で、基本制約料金100円
大口出品者プランは、月額利用料金4900円、基本制約料金無料

スポンサープロダクトのメリット

スポンサープロダクトは5つのメリットが存在しています。

  1. SEOよりも簡易的
  2. データの取得
  3. 効果が出やすい
  4. PPCなので効率的
  5. 検索エンジン上でも表示される

主にこの5つのメリットがあります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

1.SEOよりも簡易的

ブログやサイト運営を行なっている方であれば、SEOを意識した経験がある事でしょう。

しかしそれらを行うには時間や手間、ノウハウ、経験など様々な要因があり、構築するには骨が折れる思いをしたのではないでしょうか。

基本的にスポンサープロダクトを利用すれば、これらを簡易的に行えます

もちろんSEOを意識したブログやサイトは、検索上位に上がりやすく硬い集客力を持っています。

しかし流行や経済によって売り上げが変動しやすい中国輸入ビジネスではそこまで硬い集客は非効率である見方もできます。

Amazon内でもそれは例外ではなく、商品を販売する際に簡易的に商品を売り込めるスポンサープロダクトはお勧めできる方法です。

ただし有料なのでその点はSEOに軍配が上がります。

スポンサープロダクトを利用すれば、SEOより簡易的に商品を売り込める

2.データの取得

中国輸入ビジネスにおいて顧客データは重要です。

スポンサープロダクトではそのデータが無料で取得でき活用できます。

すると、そのデータをもとに売り上げの向上や広告掲載を効果的に行えるようになります。

そのため定期的にデータを分析する必要も出てきます。

データを分析して売り上げに関わるエビデンスを確認しながら販売できるのは大きなメリットです。

スポンサープロダクトで取得できるデータを分析して、売り上げ向上や広告掲載が効果的にできる

3.効果が出やすい

ブログやサイトを閲覧している際に、広告がうっとうしいと感じた事はないでしょうか。

スポンサープロダクトは、目立たない形で表示されるので、消費者にとっても視覚的に危害を加える事が少ないと言えるでしょう。

するとクリックされやすくなり、結果として購入・売り上げの確保につながりやすくなります。

つまり効果が出やすい広告である事です。

スポンサープロダクトの広告は、目立たない形で表示され、効果が出やすい

4.PPCなので効率的

PPCの広告はクリック課金型のため効率的です。

クリックされた場合にのみ費用が発生します。

例えばPPCではない広告の場合は、消費者がクリックすることはありません。

つまり商品に興味がなく結局購入に繋がらない場合でも広告費が発生します。

PPCであれば、消費者が興味を持っていて購入につながりそうな場合にのみ費用が発生します。

事前に費用に加えて広告の掲載期間も自分で決める事ができます。

過剰な広告費を請求されることもなく、自分にあった期間や費用で効率的に運用する事ができるのも大きな魅力です。

スポンサープロダクトは、過剰な広告費を請求されることなく効率的に運用できる

5.検索エンジン上でも表示される

基本的にスポンサープロダクトはAmazon内限定のサービスです。

そのため本来は外部の検索エンジン上に関与する事はないはずです。

しかしGoogleやYahoo!など他の検索エンジン上でも上位検索される可能性があります。

これはAmazon内でスポンサープロダクトを効果的に活用すれば、

Amazonから直接のアクセスに加え、外部の検索エンジンからの集客も見込めます

これには、キーワードを購入しているAmazonの資金力が優れているためでしょう。

頻繁に検索されるキーワードは高額で取引されます

そのため資金力に余裕がある企業でなくればそれを確保する事が難しいです。

他の大手サイトよりもAmazonで販売するほうが効率的なのはこの点も含めてです。

スポンサープロダクトを効果的に活用すれば、Amazon内だけではなく、外部の検索エンジンからの集客も見込める

効果が出ない場合

スポンサープロダクトにおいて絶対売れる保証はありません。

あくまで売れやすくなるだけということを留意しておきましょう。

しかしながら、原因があって結果が出ないという状況も往往にしてあります。

ここでは効果が出ない場合の原因と改善方法についてご紹介していきましょう。

1.商品ページ

広告以前の問題として、商品ページ自体の作り込みが甘いと、いくらクリックされたとしても商品の購入にはつながりません

データをみて、インプレッションやクリックが多いにも関わらず、売り上げが立たない場合は、この点を疑ってみましょう。

画像や商品説明など何かしら購入を阻害している箇所があるはずです

商品ページの作り込みが甘い場合は、購入を阻害している箇所を修正する

2.不要なキーワード

キーワード選定がうまくいっていない場合は、クリックやインプレッションが低くなり購入につながらないでしょう。

そもそも商品自体が見られていないので必然的に購入もされません。

そんな時は、設定してあるキーワードを見直してみましょう。

不要なキーワードが含まれていると広告の効果は薄くなってしまいます。

オートターゲティングを活用し集取したデータを元にしてキーワード選定を改めていきましょう

キーワード選定がうまくいっていない場合は、設定してあるキーワードを見直す

3.入札単価が適正でない

入札単価が低い場合は、それに伴いインプレッションが少なくなります。

すると結果として、広告掲載自体が意味をなしません。

こちらでもデータを確認し、インプレッションが少ないのであれば入札単価をあげてみましょう

少しでも上げることで改善される場合もありますので、焦らず少しずつ行ってみましょう。

入札単価が低い場合は、入札単価を上げてみる

まとめ

今回の記事では中国輸入ビジネスにおけるスポンサープロダクトについてご紹介してきました。

利用条件やメリット、効果が出ない場合の対応などを解説しました。

スポンサープロダクトはAmazonで販売する際には非常に役立つシステムであることは間違いありません。

今期の記事を参考に実際に取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です