中国輸入でおすすめのソフト「EX-TRADE」のメリットデメリットを徹底的にお教えします

中国輸入ビジネスである程度コツが掴めてきている方であれば、

さらに事業をスケール利益をさらに拡大していきたい

と感じている方も多いことでしょう。

現在はクラウドソーシングなど、外注する方法はいくつかありますが、中国輸入ソフトの存在をご存知でしょうか。

輸入ビジネスを効率的に行うことができる、

クラウド型貿易・販売管理システム「EX-TRADE」

というソフトが存在します。

今回は、

そんな中国輸入ビジネスに活用することができるソフト「EX-TRADE」

なぜ効率的に稼ぐためにソフトが必要なのか

についてご紹介していきます。

ソフトの必要性

まず、みなさんが中国輸入ビジネスを始めた理由は何でしょうか。

多くの方は

副業で稼ぎたい

いずれ本業をやめて独立したい

という思いがあるのではないでしょうか。

言い換えれば、それぞれに共通する点として、

お金をより多く稼ぎたい

という思いが根幹にはあることでしょう。

そうすると、将来的に稼ぎをさらに増やしていくには

  • クラウドソーシングなどを活用して外注する
  • 今回ご紹介するようなソフトを活用する

このように事業を拡大していく必要があります。

冒頭でお伝えしたように、現在はクラウドソーシングで以前にも増して簡単に外注することができます

特に単純作業であれば他のワーカーに委託することで事業の効率化を測るには最適です。

そこで、今回なぜ外注ではなく、ソフトに目を向けたかというとソフトを活用した方が効率的に稼ぐことができる可能性が高いからです。

まとめ

事業拡大のためにはソフトを活用した方が効率化を図れる可能性が高い

クラウドソーシングによる外注

基本的に外注するとすれば、クラウドソーシングを活用して個人に業務委託をする場合がほとんでしょう。

クラウドソーシングはワーカーによっては安い単価で外注することができるというメリットがあります。

なぜなら、

  • 副業で稼ぎたいワーカー
  • 育児をしながら少しでも良いから稼ぎたいワーカー

のような安い単価でも仕事を請け負ってくれるワーカーが一定数存在するからです。

今後はネット環境を利用した働き方はさらに推奨されるでしょう。

そして、副業の関心もどんどん高まってくる見込みなので単価はさらに安くなるかもしれません。

しかし、現在はまだ過渡期でありソフトを活用した方が安い場合もあります。

さらに、事業体として中国輸入ビジネスを行なっている方であれば、

安定的かつ継続的に売り上げを伸ばしていきたい

と多くの方は考えるはずです。

そうすると、意外とクラウドソーシングを経由した外注は非効率な場合があります

というのも、クラウドソーシングで請け負ってくれるのは基本的に先述したような個人ワーカーです。

個人ワーカーは

  • 労働時間が不規則
  • 不定期
  • いきなり連絡が途絶える
  • クラウドソーシングをやめてしまう

このような可能性もあります。

個人で働くことが推奨されつつある現代ですが、実務に落とし込んだ際には、やはりまだその信用度や安定性は低い傾向にあります。

そのため、中国輸入ビジネスにおいては今回ご紹介するようなソフトを活用した方が、効率的である可能性が高いのです。

そもそも、中国輸入ビジネスに限らず物販関係のビジネスは薄利多売のビジネスモデルが基本です。

言い換えれば、たくさん売らなくれば大きな利益になりにくいということです。

すると、このビジネスにおいて効率化は欠かせない物になるのです。

そこで「EX-TRADE」をお勧めします。

まとめ

クラウドソーシングを利用した業務委託は安価だが信用度や安定性が低い

中国輸入ビジネスにおける課題

中国輸入ビジネスを行なっていると、様々な課題に直面したり、要望が出てくる機会があることでしょう。

例えば

  • リサーチ業務を効率化したい
  • 出品作業を効率化したい
  • 価格設定を効率化したい
  • 売り上げを上げたい
  • キャシュフローが安定しない
  • どのツールを使えばいいかわからない

などです。

さらに具体化していくと

  • 輸入取引におけるエクセル管理に手間がかかる
  • 国内向け販売ソフトと輸入ソフトの併用が煩わしい
  • ソフトやシステム導入というとハードルが高い(個人で活用できるソフトが欲しい)

今回は、ご紹介する「EXーTRADE」は、この3つの課題を解決するのに最適なソフトです。

EX-TRADEとは

それでは、「EX-TRADE」について見ていきましょう。

これは、中国輸入ビジネスにおける

  • 販売
  • 仕入れ
  • 在庫
  • 出入金

の4つを網羅的に管理することを可能にするクラウド型貿易・販売システムになっています。

輸出に加え国内販売の管理も可能で、輸入のような貿易関係のビジネスを行う方の基幹業務の効率化に大きく貢献します。

基幹業務というのは、

ビジネスを行なっていく上で生じる製品の生産から販売

そして納品や請求書発行などの幅広い業務

のことを指します。

そんな基幹業務ですが、これこそが中国輸入ビジネスにおいて、特に効率化の測ることができる部分になります。

他にも商品を販売するまでには、

  • 商品のリサーチ
  • 商品ページ作成
  • SEO対策
  • Amazon上のSEO対策
  • 画像撮影

など、人間が行う必要のある業務は無数に存在します。

副業として中国輸入ビジネスが注目され、稼ぎやすいと言われることも多いです。

しかし実際に1人でこれらを網羅的に賄うには、多くの手間も時間も必要になってきます。

稼ぎやすいというのは確かにその通りかもしれません。

しかし、これらの業務を1つ1つ網羅的に個人で的確に行うことは非常に大変です。

言い換えれば、手間と時間を惜しまずに行えば必ず結果はついてきますが、効率的ではありません。

そのためこちらのソフトを活用することをおすすめしています。

まとめ

多くの手間・時間が必要となる業務が「EX-TRADE」を活用すれば効率化できる

中国輸入ビジネスの見える化

企業運営を行うには企業の見える化が重要であると頻繁に言われています。

中国輸入ビジネスでもそれは同様です。

業務や資金管理がより簡素に見やすくなることで効率的に業務に当たれるので、中国輸入ビジネスに関しても重要なポイントになってきます。

このソフトの活用をおすすめするのは、中国輸入における様々なデータを一元的に管理することができるからです。

まとめ

「EX-TRADE」は必要となる様々なデータを一元管理できる

多通貨に対応したデータ管理

こちらのソフトでは、中国輸入ビジネスで扱うデータを多通貨対応によって効率的に行うことができます。

多通貨に対応しているので国内外の取引において容易に業務管理することを可能にします。

例えば、

  • 見積書
  • 注文書
  • 納品書
  • 請求書
  • 発注書

などが当てはまります。

中国輸入ビジネスにおいて、これらは継続的に稼いでいくためには重要な資源となるデータです。

また会計業務の際にもこれらが一元的に管理されていることで効率的に業務が行えます。

さらに、画像配置表示項目オリジナルに設定できるのでビジネスの規模に合わせて管理することができます。

まとめ

「EX-TRADE」は他通貨対応なので、国内外の取引に必要なデータを簡単に管理できる

出荷・在庫管理業務の効率化

出荷や引当待ちの受注残からのスムーズな出荷作業指示を行える点も大きな魅力です。

先述したように薄利多売のビジネスモデルである中国輸入ビジネスなので、スムーズな出荷指示は非常に重要になってきます。

中国輸入ビジネスというと代行業者によってはそれらの作業がスムーズに行かない場合も多くあります。

しかし、こちらで的確に指示出しを行うことによって円滑に商品の仕入れができるので、効率的に商品をさばき利益を拡大していけるのです。

これらの業務に当てはまるものとしては

  • 在庫引当
  • 出荷予定表
  • 出荷指示書
  • ピッキングリスト
  • カラー、サイズ管理

などが当てはまります。

これらの管理も効率化には欠かせません。

先述までの見える化できる事柄はどちらかといえば業務の見える化になります。

これらはクラウドソーシングなどでも外注することが可能ですが、これらのスキームを構築して他人に任せるのは非常に手間がかかります

その点、こちらで一元的に管理してしまえば効率的です。

まとめ

出荷・在庫管理は外注よりも自分で管理し的確に指示出しをした方が効率的

経営の見える化

中国輸入ビジネスというと、欠かせないのが事業体としての見える化です。

売り上げや原価、粗利などが該当します。

このような資金に関するデータは中国輸入ビジネスで効率的に稼いでいくには必須になってきます。

具体的には

  • 売り上げ分析表
  • 売り上げ集計表
  • 売り上げランキング表
  • 仕入れ集計表
  • 仕入れランキング表
  • 商品分析表
  • 在庫管理一覧表

などが当てはまります。

事業体として運営していく、稼いでいくには、業務に加えてこれらの管理をスムーズに行う必要もあります。

まとめ

資金に関するデータの管理を見える化することが稼いでいくために重要

伝票入力の簡素化

最後が、取引情報の伝票入力についてです。

こちらのソフトでは取引情報のマスタ(通貨、締日、支払日、記載事項)を設定しておくことで伝票入力の簡素化につながります

例えば

  • 得意先マスタ
  • 仕入れ先マスタ
  • 商品マスタ
  • 単価マスタ

などが当てはまります。

これらの伝票入力作業に関しても効率的に作業していくことで売り上げに大きく関わってきます

事業をスケールしていくと山のような伝票に追われていくことになります。

そこでデータでこれらを管理することで効率的に作業することができるようになるのです。

まとめ

取引情報をデータとして管理することで、伝票入力を簡素化できる

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおける業務効率化のためのソフトとしてEXーTRADEについてご紹介してきました。

現在はクラウドソーシングなども台頭してきているので、簡単に外注すること自体はできます。

しかし、そのスキームを構築するには手間も時間も要します。

そのため今回のようなソフトを活用することで、効率的に稼げるようになってきます。

EXーTRADE公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です