セラースプライト応用編|ガチで稼げる超具体的な使い方

アマゾンで売れている商品を分析する機能をご紹介していきます。

基本編でも十分に効果的ですが、さらにセラースプライトを活用するには今回の記事のポイントを抑えることで、さらに効率的に稼ぐことができるようになります。

Competitor Lookup 売れている商品の分析機能

こちらは最も使用頻度が高くなる機能でしょう。

アマゾンの既存の商品の分析に特化しており、その商品の売れている個数や売上を調べることができます。

ランキングやレビューの推移、以前は在庫追跡が必要で時間も手間もかかっていましたが、一発で調べることが出来ます。

出品されたばかりの商品や売れていない商品は検索しても出てこない可能性があるので注意しましょう。

またランキング・値段・レビューとQ&Aの数・レビューの平均点数・グラフ月間の売上の推移・セールス売上個数・一ヶ月の売上の総数なども調べることができます。

アクセス数と成約数は過去データでは出ない可能性もあります。

セラースプライト

  • 月ごとの売上の推移から安定的な商品なのか
  • 売上個数が減っているのであれば、なぜ減っているのか
  • クオリティが下がったのか、競合が増えたのか

ということを分析できます。

レビューの推移は徐々にレビューが増えているのであれば健全です。

数値が跳ねているのであれば、依頼してレビューの書き込みを行なっている可能性もあるので注意が必要です。(中国セラーなどの不正レビューの可能性)

オリジナル商品の販売にはレビューの分析も必要になってきます。

激減している場合は不正レビューをアマゾンが削除した可能性あります。

Q&A質問回数の推移も レビュー同様に注意で、お客さんがわからないことを質問しているので、商品ページの画像や説明等が不適切ということがわかります。

商品ページの作成の参考になるので活用しましょう。

Competitor Lookupは、
その商品の売れている個数や売上を調べる
商品ページ作成の参考になるので活用しよう

Track sprite お気に入りリスト機能

言い換えればこちらはお気に入りリストです。

Track sprite

今後、継続して分析したい商品などをチェックしておくと便利です。

削除したい場合はデリートで消すことができます。

Track spriteは、お気に入りリスト機能
継続して分析したい商品をチェックしておくと便利

product reserch 絞り込みをかけて売れている商品を分析する機能

こちらはCompetitorlookup機能に絞り込み機能を加えたものです。

プロダクトリサーチ

例えば月に300個以上売れているものを絞り込むのであれば、セールス300入力しキーワードを入力すると、自分が入り込める市場なのか分析することができます。

最近上がってきている。最近下がってきている。

など、気になる動きがある商品をお気に入りでリストアップしておきましょう。

product reserchは、
Competitor Lookup機能に絞り込み機能を加え売れている商品を分析する機能

今回の記事では、ASINやキーワードからライバルの売上や販売個数、レビューを分析することをご紹介しました。

トラッキングスプライトはお気に入り機能、プロダクトリサーチは売上等を絞り込む機能でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です