プロが教える中国輸入!売れる商品の正しい選定方法!参考商品も解説!

中国輸入ビジネスを行なっている方が、最も気になる点の1つといえば結局はどのような商品が「売れる商品」なのか、という事でしょう。

実際、「売れる商品」は何か、という声を頻繁に見聞きします。

中国輸入は膨大な商品が存在するので、どの商品を仕入れて販売すれば売れるのか迷う方も多いでしょう。

そこで今回の記事では商品選定の悩みを解消するためのリサーチ方法とおすすめの商品についてご紹介していきましょう。

おすすめのリサーチ方法

「売れる商品」をリサーチする事ができれば中国輸入ビジネスで稼げないということは基本的にありません。

無数の商品が存在する市場で、「売れる商品」を見つけるのは一見難しいです。

しかし今回ご紹介する方法で商品選定をしていくことで、比較的簡単に「売れる商品」を見つける事ができます

今回は3つの方法をご紹介していきますが前半ほど簡単に始められるのでぜひ実践してみてくださいね。

1.ライバルリサーチ

最も簡単な方法の1つで、これは他の出品者の商品から学ぶ方法でライバルリサーチと呼ばれています。

ライバルというのは他の出品者の事で、いわゆる競合です。

他の出品者が販売している商品を真似る方法なので、基本的に小難しいリサーチ業務は必要なく、中国輸入の初心者であっても簡単に実践する事ができます

手間隙かけて自己流でリサーチして売れなかった経験をお持ちの方は多いでしょう。

またコンサルやツールに高額な料金を払ったにも関わらず結局稼げなかった方もいるかもしれませんね。

ライバルリサーチの方法としては他の出品者のページから、その出品者が販売している製品を拝見します。

そしてその商品と同じ商品を、タオバオやアリババ、TMALLなどのECサイトで検索し仕入れるという方法です。

レビューやその出品者の評価など気にするポイントはありますが、難しい作業は一切ありませんね

ライバルリサーチ
他の出品者が販売している商品を真似る方法

2.ノーブランド品にフォーカス

Amazon上で商品を選定していると、ブランド名がない商品がたくさん見当たる事でしょう。

これは基本的に中国輸入で仕入れられたノーブランド品であると思って大体間違い無いでしょう。

ノーブランド品は安価なので、工夫次第で利幅を大きくとることも可能です。

さらに中国輸入ビジネスはAmazonというプラットフォームに依存した形のビジネスなので、アカウントブロックには注意しなくてはなりません。

そのようなプラットフォームでブランド品を扱うのは売り上げ確保に適していますが、

  • ライセンスがないと仕入れられないこと
  • 理解してないうちに規約に触れること
  • グレーゾーンの商品を売ってしまっているということ

も珍しくありません。

しかしノーブランド品であればそのような心配もいりません。

基本的に誰でもECサイトから仕入れる事が可能ですし、Amazonの規約にも触れません。

もちろん商品によっては危険性がゼロとは言えないので注意してください。

またノーブランド品は仕入れ値が極端に安いので利幅が取りやすい商品でもあるので、その点も大きなメリットになります。

ノーブランドにフォーカスする方法としては、商品名の下に「ノーブランド」と記載されているのでそこを注意して商品をみてみてください

商品が見つかったら、これもまた中国のECサイトで検索します。すぐに見つかるはずです。

ノーブランド品にフォーカス
アマゾン上で販売されるノーブランド品は、基本的に中国輸入で仕入れられた商品で、Amazonの規約にも触れずに販売できる

3.無料ツールを活用

先述したように、成果の出ない高額のコンサルやツールの被害にあったという方は後を絶ちません。

もちろんコンサルタントやツール開発者には、その人なりの手法やノウハウあってのことですが、この手のものにお金をかけるのであれば他の方法を試しましょう

上記の2つの方法もそうですが、無料ツールというのも存在します。

中国輸入ビジネスで「売れる商品」を一から探すにはリサーチを含め様々な手間がかかります。

それに伴って時間もかかるので人手や作業効率の向上というのは気にかけるべき点です。

そんなな時に効果的なのが無料ツールなのです。

無料ツールはその名の通り無料なのでまずはいくつか使ってみましょう。

もちろんそれぞれ特徴がありますし、その人に合うかどうかは使ってみないとわかりません。

しかしほとんどのツールがリサーチ機能の効率化に大きな力を発揮するはずです。

無料ツールを活用
ほとんどのツールがリサーチ機能の効率化に大きな力を発揮するはず

おすすめの商品

そしてここからは実際にどの商品が売れるのか、仕入れるべきかについてご紹介していきます。

1.生活用品

中国輸入に限らずビジネスは需要と供給で成り立っています。

需要のある商品といえば生活用品です。

基本的に誰でも生活する上で生活用品というのは欠く事の出ない商品になるので、絶えず需要があり継続的に売り上げが見込めるそこの硬い商品です。

例えば「百円ショップ」は1つの商品が100円から販売されています。

100円という薄利多売のビジネスで、この企業が存続できるのは生活用品をメインで扱っており、常に消費のニーズを確保しているからでしょう。

さらにその中でも便利用品は熱く、生活必需品に加えてその利便性を訴求する事ができれば狙い目の商品です。

生活用品は、絶えず需要があり継続的に売り上げが見込める

2.PC周辺機器

情報化社会と言われて久しい近年は、1人一台のスマホは当たり前の時代です。

PCやタブレットに関しても一家数台あることも珍しくありません。

中国輸入ビジネスを行なっている方であれば数台のデバイスを持っていることも多いですね。

今後もPC周辺機器は継続的に存続する商品であり、さらに今後も拡大していく事が見込めます。

またPCやタブレット、スマホは高品質の有名な企業の商品を使うユーザーが多いですが、

その周辺機器というのはなるべく安く済ませたいというニーズも多いのです。

スマホカバーであれば一台につき数個持っていてTPOに合わせて変えるという方も多いです。

充電器やケーブルなども消耗品であるので複数持っている方は多いのでそこが狙い目です。

PC周辺機器は安く済ませたいニーズも多い

3.ペット用品

意外に思われるかもしれませんが、ペット用品も絶えず需要があります

ご家庭でペットを飼っている方も多いのではないでしょうか。

ペット用品は特に汚れを気にかけて頻繁に買い換える方も多く、またブランド品のペット用品は値下げもされず高価格帯になる傾向が強いです。

そのためノーブランドのペット用品も狙い目の1つです。

ペット用品は、需要が絶えずあり、汚れを気にかけて頻繁に買い換える方も多い

4.イベントグッズ

コスプレグッズや誕生日パーティ用の商品も狙い目です。

渋谷のハロウィンは有名ですが、このようなイベントのためにブランド品などの高額な商品を購入する方は少ないです。

そのためこのようなイベントごとに合わせたコスプレグッズは低価格なことも多く、中国輸入商品との相性が良いです。

またコスプレグッズは衣服ということで、重量やサイズも大きくなく比較的送料も気にかけず販売できる点もおすすめできるポイントです。

しかしアニメキャラクターのコスプレなど法的にグレーゾーンの商品もあるのでその点は注意しましょう。

イベントグッズは、低価格で済ませたいニーズもあり、中国輸入ビジネスとの相性がいい

5.スポーツ用品

健康志向の高まりもあり、スポーツ用品も狙い目の1つです。

ブランド品のスポーツ用品というのは予想外に高額な設定をされている場合が多く、

趣味程度のスポーツに多額のお金をかけたくないというのが消費者の心理でしょう。

そのため安価で仕入れることのできるスポーツ用品もこれからさらに売り上げが期待できます。

スポーツ用品は、健康志向の高まりがあり、安価で仕入れることのできるスポーツ用品は、スポーツに多額のお金をかけたくないニーズを満たせます

6.アウトドア用品

スポーツ同様に健康志向や屋外の遊びを求める方は年々増加傾向です。

最近はグランピングなどの高価格なキャンプも人気があり事業体としても取り組み始めている企業が多数存在します。

そのためキャンプなどのアウトドア用品も狙い目でしょう。

さらに釣り具も熱いです。都心を少し離れた地方都市などでは釣りが趣味という方も大勢います。

さらに釣り具に関してもブランド品はかなり高額になる傾向が強く、趣味で始めたい人のとって高額な釣り具の購入は億劫です。

その高価格帯の釣り具と利益の確保できる釣り具との兼ね合いを狙って商品選定を行うこともおすすめです。

アウトドア用品は、キャンプ、釣り具、などがおすすめ

7.DIY用品

都心でも近年はDIYが流行っていますね

数年前は日曜大工とも呼ばれていましたが今では一種のおしゃれな趣味として認識されることも多くなり、ファッション感覚で始める方も多いようです。

そのため単にDIYを行うための商品というよりは機能性やスタイリッシュなビジュアルのDIY商品は重宝されるのでこちらも狙い目の商品です。

また地方都市などではホームセンターが次々に建設されている印象を受けます。

都心に比べ趣味としてもDIYというのは今後も拡大していく可能性が高いです。

またニッチなアイテムでも予想外に売れ行きが好調なこともあります。

消費者の母数は少ないけれど、売れる商品というのはたくさん存在します。

そのような商品は見せ方によっては高い利益率を確保できる商品も珍しくありません。

機能性やスタイリッシュなビジュアルのDIY商品は重宝される

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおけるおすすめのリサーチ方法やおすすめの商品についてご紹介してきました。

リサーチ方法では、まずは簡単に始めることのできるライバルリサーチをおすすめします。

初心者であればもちろん、自己流のノウハウのある中級者でも一度見直すことで何かヒントを得ることができるかもしれません。

中国輸入ビジネスの原点もある利幅を取るという意味でもノーブランドにフォーカスすることも効果的です。

またツールの活用に関してもまずは無料ツールから始めてみましょう。

おすすめの商品に関して、今回ご紹介した商品は狙い目です。

今回の商品をベースに新たに自身で他のジャンルを開拓することも怠らないようにすることで「売れる商品」が自分の目でみて取れるようになってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です