大半が間違っている!中国OEMはサンプルの活用が命!プロの稼ぎかた

中国輸入ビジネスのOEMの商品オーダーを行うにあたって、商品の「サンプル」を効果的に活用していますか?

実際には、

  • 商品は既に決定しているのでサンプルは必要ない
  • 時間やコストが余分にかかってしまう

という声も散見されます。

しかし商品を仕入れる際には、事前にサンプルを仕入れておくことによって様々なメリットが存在しリスクヘッジにもつながります。

今回の記事では、OEM商品のサンプルのメリット・デメリットについて解説していきますので、ぜひOEMの商品サンプルの仕入れに役立ててくださいね。

OEMサンプルのイメージ

中国輸入ビジネスにおけるOEMサンプルにはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

冒頭で触れたようネガティブなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんね。

中国輸入では不良品をつかまされることは日常茶飯事ともいえます。

実際に中国輸入ビジネスを行なっている方であれば、そのような苦い経験をお持ちの方も多いかもしれません。

つまりOEMサンプルにあるネガティブなイメージと共に中国輸入に対する不信感をお持ちの方も多いです。

中国輸入にはそのようなネガティブなイメージは付き物です。

ですので、OEMサンプルを効果的に活用することによって、不良品を減らし効率的に稼ぐことに繋がってきます。

OEMサンプルはネガティブなイメージがある
効果的に活用すれば、不良品を減らし効率的に稼げる

OEMサンプルの発注方法

方法は主に2つ存在します。

1つ目がアリババから工場に直接依頼する方法です。

こちらは基本的に英語でのやりとりがメインになります。

英語に精通している方か翻訳サイトを活用してコミュニケーションを行うのでハードルが高いかもしれません。

2つ目が代行業者に依頼する方法です。

こちらも外国語を使う必要がある場合もあります。

業者が日本語に対応している場合もあるので、自分にあった代行業者を見つけることで、効率的に発注までたどり着くことができるようになるでしょう。

OEMサンプルの発注方法は2つ
1.アリババから工場に直接依頼
2.代行業者に依頼する

OEMサンプルのメリット

それではOEMサンプルのメリットについてご紹介していきましょう。

  1. 商品のクオリティを事前に確認できる
  2. パッケージを確認できる
  3. 商品の画像を自分で撮影できる
  4. 事前に使用することができる

大きくこの4つが挙げられます。

1つ1つ見ていきましょう。

1.商品のクオリティを事前に確認できる

中国輸入で仕入れた商品に対して不信感のある方は多いことでしょう。

しかし事前に商品クオリティが確認できたらどうでしょうか。

自分自身でクオリティを確認出来ない場合は、確かに不信感を抱くのは当然でしょう。

実際に自分の手にとってクオリティを確認できれば、確認できない時よりも不信感は払拭できるのではないでしょうか。

これがOEMサンプルの最も大きなメリットでしょう。

さらに事前に数社のサンプルを仕入れれば、

比較しながらクオリティを確認できるので、最もクオリティの高い商品やコストパフォーマンスに優れているなど、自分の求める商品を仕入れることができます

どの商品も自分の求めるクオリティを満たしていない場合は、

  • 商品の改良を促す
  • 他の企業のサンプルに切り替える
  • 商品を変更する

ことも可能になってきます。

自分自身が満足いかない商品を仕入れるのは億劫です。

クオリティを事前に確認できることによって、自分の納得する商品を仕入れて販売することができるようになるのです。

商品のクオリティを事前に確認できれば
自分の納得する商品を仕入れて販売できる

2.パッケージを確認できる

商品のクオリティと同様に気がかりなのはパッケージです。

こちらも事前に確認できれば、納得するパッケージの商品を仕入れて販売できます。

意外と見落としがちなパッケージですが、消費者は商品のクオリティと同じくらいパッケージを気にする傾向があります。

あなただったらどうでしょうか。

いくら商品のクオリティが合致していても、納得いかないパッケージの商品が送られてきたら、ネガティブな気持ちになりますよね。

実際にAmazonのレビュー欄を見てみると、予想以上にパッケージに対するネガティブなレビューが見つかることでしょう。

これからわかることは、消費者は商品クオリティだけを見ているのではなく、それと同じくらいにパッケージに対しても気にかけているということです。

逆にパッケージが気に入らなくても、商品のクオリティが高ければパッケージに関してはこだわらない消費者もいるので、うまくバランスをとってパッケージに注意するようにしていきましょう。

さらにOEM商品に限らず言えることですが、中国輸入の商品は中国販売をベースにして作られています。

例えばAmazonで商品を購入した際に、商品は小さいにも関わらず異様に大きなパッケージで商品が届いた経験はないでしょうか。

そのように日本と中国のパッケージに対する概念や規格が異なります。

国が違うので加味しなくてはいけないことですが、パッケージサイズは送料コストにも関わってくるので注意が必要です。

パッケージを確認できれば
パッケージに対するネガティブなレビューを避けたり、送料コストも事前に考慮できる

3.商品の画像を自分で撮影できる

販売する商品写真を自分で撮影したいと考えている方は多いのではないでしょうか。

自分で撮影する方が商品の良さを伝えられる方は売り上げに直結してくるので、自分でうまく撮影できる方にはこちらも大きなメリットになるでしょう。

また他の出品者が似た商品を販売していても、自分で撮影することで差別化できるので、相乗り販売のような形でもうまく活用すれば売り上げにつなげられるでしょう。

サンプルを仕入れてカメラマンを雇って本格的に撮影することも1つの方法です。

商品の見栄えは売り上げに直結するので、中国輸入に本格的に取り組みたい方はぜひ実践しておくと良いでしょう。

またサンプルの取得から実際の発注まで数日から数週間かかる場合があります。

この時間も無駄にするのは勿体ないので、事前にサンプルで商品画像を作成できれば時間の有効活用につながります

たくさん売って利益を積み上げていく中国輸入ビジネスでは、時間をどれだけ効率的にできるかも重要なポイントになっていきます。

商品写真を撮影できれば
他の販売者の商品と差別化できたり、商品ページを効率よく準備できたりする

4.事前に使用することができる

商品のクオリティとかぶるところもありますが、商品を実際に使用できる点も、大きなメリットになるでしょう。

あなたは商品を購入して実際に使ってみた時に、イメージと違ったことはありませんか?

例えば、直ぐに劣化してしまい使い物にならなかった経験です。

見た目は良いけど、実際に使ったら商品に満足できなかったというレビューも多い傾向にあります。

例えば洋服であれば、見た目は良いけど、洗濯してみたら色移りが激しかったり、生地が伸びてしまったりという経験です。

こうなってしまっては消費者は満足しませんね。

さらに商品にネガティブなイメージを持ってしまったら再度購入してもらうことも少ないでしょう。つまりリピーターにならないのです。

良い商品を販売していくれた販売者であれば、再度購入したくなりますよね。

事前に使用できれば
消費者のネガティブなレビューを防げたり、良い商品が販売できてリピーターに繋がる

OEMサンプルのデメリット

メリットを確認したところで、次はデメリットについてみていきましょう。

  1. お金がかかる
  2. 時間がかかる
  3. 手間がかかる

このように様々なコストがかかる事は事実です。

それでは実際に1つ1つみていきましょう。

1.お金がかかる

もちろんサンプルを仕入れるにはお金がかかります。

先述したように、利益を積み上げていくビジネスですので、お金がかかる事でサンプルが億劫になるでしょう。

基本的に薄利多売のビジネスモデルなので、特に少しのコストでも減らしたいと考える方も多い事でしょう。

さらにアルバイトや会社員など時間制の労働で賃金をもらっている場合よりも、中国輸入ビジネスのような成果報酬型のビジネスを行なっていると、お金に対するイメージが変わってくるかもしれません。

実際に聞いた話だと、前者よりお金の有難みや重要性を感じるという声もありました。

2.時間がかかる

メリットでも取り上げたように、サンプルには時間がかかります。

いきなりの発注の場合と比較しても、一度サンプルを仕入れてからさらに発注することになるので、単純に二倍前後の時間がかかってしまいます。

中国輸入では国内販売に比べて、発送にかかる時間に加えてキャッシュフローも不安定になりやすいビジネスです。

スケジューリングを明確にしておかないと、お金が回らなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

3.手間がかかる

サンプルは何と言っても手間がかかります。

ここで億劫になる方が最も多い印象を受けます。

中国輸入ビジネスではリサーチ業務に多くの時間を費やす方が多いことでしょう。

そこでさらに選定した商品のサンプル仕入れを行い販売までとなるとかなりの手間を要しますね

OEMサンプルのデメリット
さまざまなコストがかかること

まとめ

今回の記事では、中国輸入のOEMサンプルについてご紹介しました。

  • 商品のクオリティが確認できる
  • パッケージが確認できる
  • 商品の画像の撮影ができる
  • 事前に商品使用することができる

など、たくさんのメリットが存在するサンプルですが、デメリットとしてお金や時間、手間など様々なコストも発生するのも事実です。

今回の記事を参考にOEMサンプルを検討してみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です