中国輸入で稼ぐなら「OEM・ODM」ができないと絶対ダメ!プロが教える転売の弱点

中国輸入ビジネスに関心のある方なら、OEM・ODMというワード聞いたことがるのではないでしょうか。

中国輸入ビジネスはもちろん他のビジネスにおいても、自身の商品を持つことで事業の拡大が可能です

相乗り販売の影響を受けることも無くなります。

そのため中国輸入ビジネスを行なってると、最終的にはOEM・ODMを目指す方が多いのです。

そんな注目されているOEM・ODMのメリット・デメリットについて解説していきます。

すでにOEM・ODMを行なっている方も、これから始めていきたい方も参考にしてみてください。

OEM・ODMとは

それではまず、OEMについて解説していきましょう。

OEMとは「相手先ブランド名製造」という意味で、

他社のブランド名で自分の商品を製造することです。

つまり受託者(あなた)は委託者(仕入れ先)から製品の設計や組み立て方法、図面などを支給してもらい活用することになります。

中国輸入ビジネスにおけるOEMでは、

中国から仕入れた商品にロゴを印字したり刻印する

という意味で使われています。

例えばノーブランドの洋服を仕入れ、その洋服に自身のブランド名を印字するという形です。

これによって

あなたのオリジナルの商品

が出来上がります。

あなたも商品を購入する際に、ブランド名を気にすることは多いのではないでしょうか。

例えば

  • 有名ブランドの1000円の商品
  • ノーブランドの1000円の商品
では、圧倒的に前者を購入する傾向が強いでしょう。

これはブランド名がついていることによって品質への信頼性や安心感があるからでしょう。

OEMがご理解頂けたところで、

次はODMについて解説いたします。

OEMは必要な情報を提供してもらいそれを活用する形でした。

ODMは、製造にあたっての、設計や組み立て、図面の作成などを自身で行うことを指します。

つまり商品のデザインや仕様を一部変更する意味で使われることが多いです。

イメージとしては工場などの設備のみ借りる形です。

洋服を例に挙げると、ODMでは生地を選び寸法を決め製造します。

こちらは印字、刻印するだけのOEMに比べ手間が掛かりますね。

しかし手間がかかることは、それだけ他業者との差別化がはかれることでもあります。

例えば商品を購入する際に、単に

  • 「〜社のTシャツ」と記載されている商品(OEM)
  • 「〜社の大柄な方にオススメのポリエステル100%のTシャツ」(ODM)
であれば後者の方が、ターゲットが細分化されて商品の特徴を伝えられることがわかるでしょう。

ODMは細部にまでこだわり商品化できます

OEMとは
他社のブランド名で、自分の商品を製造する
ODMとは
設計や組み立て、図面の作成などを行い、設備のみ借りる

OEM・ODMのメリット(商品)

中国輸入商品をOEM・ODMによってオリジナル商品化して販売するメリットとしては、

  • 競合との差別化
  • 市場の独占
  • 価格設定の自由
が挙げられます。

基本的にOEM・ODMでオリジナル商品を販売しない限り、市場の原理が働くので価格競争が起きてしまいます

すると

  • 高単価の商品を販売する
  • 個人でも数10種類〜数100種類の商品を販売する
となり、利益を出しにくい状態になります

前者の場合は、中国輸入で仕入れられる既存商品で高単価を狙うのは難しくなります。

後者であれば、単純にリサーチ業務など作業自体が大幅に増えるので非効率です。

しかしオリジナル商品を販売することによって、それらを回避することができます。

それではメリットを1つずつ見ていきましょう。

後半にデメリットも解説していきますね。

1.競合との差別化

ビジネスの世界において競合と戦うことは日常的な現象でしょう。

例えばあなたが学生の時であれば、同級生とテストの点数などを競った経験があるかもしれません。

仕事であれば、同僚と売り上げを競った経験もあるかもしれませんね。

もちろん競争することによって切磋琢磨できるので良いこともあります。

しかし、ビジネスの世界ではブルーオーシャンを開拓し、競争のない市場で勝負する方が効率的で稼げます

対してレッドオーシャンでは価格競争になってしまうと、競合同士がお互いに消耗し、結局は稼げないようになってしまうのです。

そんなビジネスの世界でOEM・ODMによって商品を販売できることは、競合との差別化につながり最終的には稼ぐことに繋がってくるので大きなメリットとなります。

競合との差別化によって
競争のない市場で効率的に稼げる

2.市場の独占

すでに中国輸入ビジネスを行なっている方であれば、

相乗り販売の影響を受けていたり

見聞きした経験があるのではないでしょうか。

基本的に薄利多売のビジネスモデルである中国輸入ビジネスにおいて、価格競争を行なって他の業者と利益を食い合うのは非常に生産性が低いです。

そんな中でも、市場の独占というメリットの働くOEM・ODMであれば、

商標登録をした商品はあなたのオリジナル商品であるので、

そこに他の業者が介入する余地はありません

もしそれで介入されてしまった場合は、法的な処置を取ることができるので、あなたや商品は守られます。

このように市場の独占という意味でも大きなメリットになりうるでしょう。

相乗り販売の影響を受けず
市場の独占ができる

3.価格設定の自由

中国輸入ビジネスでは、

競合を意識しすぎて価格設定の面で悩まれる方

が沢山いらっしゃいます。

薄利多売のビジネスモデルである中国輸入では、

1つの商品の少しの価格設定でも売り上げに大きく影響してきます。

競合の存在する市場において価格設定で悩むことは当然です。

単純に競合より自身の商品が高ければ売れないのですから。

だからと言って、他業者との競争に参入するのは効率が悪く非合理的です。

せっかく仕入れた商品を価格競争で、ほとんど利益も出ないにも関わらず販売しなくてはいけないのは辛いことでしょう。

しかしOEM・ODM商品であれば多少は他業者を加味することはあっても価格設定はあなたの自由です。

なぜならその商品はあなたオリジナル商品なので、

あなたが納得する価格設定で販売すれば良いのです。

価格が自由に設定でき
効率的に稼げる

4.OEM・ODMのデメリット

このように中国輸入ビジネスを行う上で効果的なOEM・ODMですが、もちろんメリットだけではありません。

先ほどのように相乗り販売された場合は、法的に解消することが可能です。

通常の中国輸入販売同様に、商品のリサーチ不足やマーケティングのミスで売れなくなる場合もあります。

時間的にも金銭的にもコストをかけてオリジナルの商品を仕入れたのにも関わらず、売れないという事態は避けたいものです。

つまりリサーチやマーケティングを正確に行わないと

売れなかった時のリスクが通常の商品よりも大きいことがデメリットでしょう。

さらに基本的に既存の工場やシステムを活用することになるので、

全てが思い通りの商品になるとは限らないという点もありあます。

しかし、市場の原理が働く中国輸入ビジネスにおいて金銭的な恩恵を受けることを目指すのであれば、

OEM・ODMは誰もが目指す場所であることも事実です。

OEM・ODMのデメリットは
売れなかった時のリスクが通常の商品よりも大きい
全てが思い通りの商品になるとは限らない

OEM・ODMのメリット(受注者)

OEM・ODM商品のメリットについてご紹介してきました。

次は受注者(あなた)の得られるメリットについてご紹介していきます。

受注者のメリットは次の3点です。

  1. 初期費用が低い
  2. 品質の安定
  3. 在庫リスクを減らせる
それでは具体的に見ていきましょう。

1.初期投資が低い

先ほどOEM・ODM商品のデメリットで解説したように、オリジナル商品を仕入れるには金銭的にも時間的にもコストが発生します。

しかしそれは通常の中国輸入における仕入れと比較した場合です。

実際に完全にオリジナルの商品を製造するところから始めると、工場や土地、原材料の仕入れなど多くのコストが必要で、多額の資金が必要になってきます。

それに比べればOEM・ODMにかかる費用は微々たるものでしょう。

さらに試作品を製造したりそのテスト行ったりと完全なオリジナル商品を製造するには開発費用まで発生してきます。

しかしOEM・ODMでは既存の工場やノウハウを活用することができるので、それらの費用がほとんどかからないのです。

オリジナル商品を作りたい方にとってこれは大きなメリットです。

オリジナル商品を作りたい時に
完全にオリジナルの商品を製造するより
金銭的・時間的コストがかからない

2.品質の安定

中国輸入の品質に不安をお持ちの方も多いことでしょう。

しかし中国だからという理由で仕入れ先を避けるのは安直かもしれません。

もちろん仕入れる商品にもよりますが、中国輸入ビジネスを行うのであれば、それほど問題視する必要はないでしょう。

中には品質が極端に落ちる仕入れ先もあるので注意は必要です。

日本企業や大手企業が使っているような製造会社であれば基本的に安定した品質の商品を提供してくれます。

そのような製造会社を選ぶことで安定した品質の商品を仕入れることが可能です。

日本企業や大手企業が使う製造会社は
基本的に安定した品質の商品を提供してくれる

在庫リスクを減らせる

物販系のビジネスを行う場合、在庫リスクは気になるポイントでしょう。

中国市場が停滞してきているニュースを目にする機会もありますが、

経済大国・製造拠点としての地位はいまだに健在です。

そのため人件費や商品価格も比較的低価格です。

最近は小ロットでも製造してくれる業者も多数出てきています。

そのため、在庫を過剰に抱えなくても販売できることも、受注者にとって大きなメリットでしょう。

最近は小ロットでも製造してくれる業者も多く、
在庫を過剰に抱えず販売できる

まとめ

今回は、中国輸入ビジネスのOEM・ODMについてご紹介してきました。

それぞれの特徴やメリット、デメリットなどありました。

中国輸入ビジネスを行っていくのであれば、

OEM・ODMによるオリジナル商品の製造

は避けることのできない道でしょう。

今回の記事を参考にOEM・ODMに挑戦してみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です