実践者が語る!英語・中国語がわからなくても中国輸入で稼げる方法

中国輸入ビジネスのような国をまたいだ取引を行う際に中国語や英語は必要でしょうか。

もちろん使えるに越したことはありませんが、必須ではありません。

中国輸入ビジネスを始めようと検討している方は、言葉の違いが障壁になると考えている方も多いかもしれませんね。

現在は、様々なインターネットサービスを効果的に活用することで、中国語や英語といった言葉の違いは回避することが可能です。

今回は中国輸入ビジネスにおける中国語や英語の必要性や活用すべき翻訳サービス・代行業者についてご紹介していきます。

中国や英語は必要か

中国輸入ビジネスを行う上で中国語や英語は必須なのかと言われれば必須ではありません

一般的に輸入ビジネスと言われると、第一に言葉の壁を感じる方も多いことでしょう。

もちろん中国語や英語ができることで効率的に作業するには適しています。

しかし実際に中国輸入ビジネスで稼いでいる方は言語のプロではありません。

どちらかといえば言語を活用するのがうまいイメージでしょう。

  • 日本語だけで正確にコミュニケーションを取れるのか
  • 日本語だけで商品仕様や取引契約が行えるのか

というような心配事をされる方の気持ちも承知しています。

現在は、様々な翻訳サービスや代行業者などが存在し言語の壁を取り払ってくれます

そこでこれから、具体的にどうすればよいのか翻訳サービスや代行業者を例にみていきましょう。

中国輸入ビジネスでは英語は必須ではない
翻訳サービスや代行業者を活用するとよい

翻訳サービスの活用

まずは翻訳サービスから見ていきましょう。

基本的に翻訳サービスは無料で利用できます

中国輸入ビジネスは基本的にインターネットを介したオンライン上のやり取りで完結します。

そのため翻訳サービスを利用するだけで実は稼ぐことができてしまいます。

中国語や英語のテキストをコピーして貼り付けるだけで即座に翻訳され利便性も高いです。

このようなサービスはシステムの改善にも力を入れているため、今後も翻訳の精度は高まっていく見通しなのでぜひ活用してみましょう。

Google翻訳とは

最もおすすめしたいサービスが「Google翻訳」です。

すでにご存知の方も多いのではないでしょうか。

これはGoogleが提供する翻訳サービス

  • Webブラウザ版
  • アプリ版

が利用できます。

入力されたテキストの翻訳はもちろん、音声やWebページ全体を他言語へ翻訳するサービスです。

これを利用すれば簡単に中国語や英語を日本語へ翻訳してくれますし、もちろんその逆も可能です。

こちらは現地の中国語や英語といったコミュニケーションを取る際にはおすすめのサービスです。

専門的な用語の多い商品説明や規約などは、この次に紹介する「エキサイト翻訳」が適しています

それぞれ紹介していきますので、まずは「Google翻訳」からみていきましょう。

Google翻訳とは、Googleが提供する翻訳サービスでWebブラウザ版とアプリ版がある

Google翻訳の機能

実際に翻訳アプリに搭載されている機能についてご紹介していきましょう。

Google翻訳は、インターネット環境のある場所であれば、PCやタブレット、スマホと媒体を問わず利用可能な翻訳サイトです。

さらにスタイリッシュで機能的なインターフェイスが特徴です。

また「Google翻訳」はオフライン環境でも利用が可能です。

事前にユーザー登録しておくことで、翻訳機能を利用することが可能です。

主にGoogle翻訳には以下の3つの翻訳機能があるので中国語や英語の翻訳に役立てましょう

  • テキスト入力
  • 音声入力
  • URL入力

テキスト入力

テキスト入力では、「Google翻訳」のページ上で、調べ物をする際などに検索エンジンを利用する感覚で文字を入力すると、即座に希望の言語に翻訳されます。

音声入力

音声入力では、「Siri」や「Google Home」を利用したことがある方ならわかりやすいですが、それらに話しかける感覚で、Google翻訳ページ上で発言した声を聞き取り翻訳しテキスト化してくれます。

URL入力

URL入力では、WebページのURLをコピペで入力することでサイト上の全ての言葉を即座に翻訳してくれます。

テキスト入力が面倒な時にはこちらを利用することで効率アップにもつながります。

アプリ版

またアプリ版ではこの3つの機能はもちろん、カメラで読み取った言語を即座に翻訳したり、会話から翻訳する機能など、新たな機能もどんどん登場しています。

世界的な企業Googleが提供しているサービスで、AIなどのテクノロジーの発展の可能性によって、今後も技術的な進歩が期待できるサービスです。

Google翻訳の機能には、テキスト、音声、URL入力で希望の言語に翻訳できる
アプリ版では、カメラで読み取った言語会話を翻訳したり、新しい機能もあり、今後が期待できる

Google翻訳の精度

以前のGoogle翻訳では、意図が通らない言葉の羅列になって不自然に翻訳されることも多くありました。

しかし近年のGoogle翻訳の精度は2016年後半以降から格段に向上してきています。

以前まで翻訳に活用されていたシステムは、「PBMT」と呼ばれるフレーズベース翻訳システムです。

これは膨大な言語モデルや翻訳モデルのデータベースを元に翻訳されています。

しかしこれは意図が通らない言葉に翻訳されたり、不自然な言葉に翻訳されることが往々にしてありました。

そこでそれらを改善するために2017年に導入されたのが、「GNMT」と呼ばれるニュートラルネットワークを活用した翻訳システムです。

このシステムによって多様で複雑な言葉であっても自然に処理されるようになりました。

結果として、単語の意味はもちろんのこと、語幹や単語の位置なども、より細かく分析し自然な言葉へ翻訳することを実現し精度の向上に寄与しました。

Google翻訳の精度は、2016年後半以降から格段に向上している
システムが「PBMT」から「GNMT」になり、複雑な言葉も自然に処理されるようになっている

エキサイト翻訳

「Google翻訳」は最もバランスのとれたコミュニケーションを取る際におすすめのサービスです。

専門的な用語に強いエキサイト翻訳」も用途によっては非常に利便性の高い翻訳サービスです。

こちらは長い歴史のある翻訳サイトですが、翻訳機能としては不自然な表現になる可能性もあるので基本的には「Google翻訳」を活用しましょう。

しかしこちらのインターフェイスは主要な言語が隣り合わせで並べられているので言語を頻繁に変更するユーザーにとっては利便性が高い印象です。

エキサイト翻訳は、翻訳する文章のジャンル(理学系・農林水産系・工学系など)を選択してから翻訳できるため、ジャンルによっては精度が高まります。

特に海外の論文翻訳や説明書など、ジャンルが絞られている文章であれば高い精度を発揮してくれます。

使用しているシステムが古く「Google翻訳」と比べると翻訳の精度という面では未熟な印象を受けますが、特定のジャンルに絞っての翻訳であればおすすめできます。

また中国輸入ビジネスであれば、中国のECサイト上の商品説明や規約など専門的なワードが多く含まれる文章ではこちらの利用をおすすめします。

特定のジャンルに絞って翻訳するにはエキサイト翻訳がおすすめ

代行業者の利用

テキストの翻訳であれば、翻訳サービスで十分に対応可能ですが、現地での中国語や英語のコミュニケーションが必要な場合は代行業者を利用しましょう。

代行業者を利用することで利用者は日本語でのコミュニケーションが取れるので中国語や英語を使う必要もありません

しかし代行業者のによってどこまで対応してくれのかは、それぞれなので料金以外の面も注意して代行業者を選ぶようにしていきましょう。

代行業者のメリット

中国輸入ビジネスにおける代行業者は、依頼主の代わりに中国市場での中国語や英語の活用も含めた取引全般を行なってくれる業者のことをさします。

こちらの商品リサーチの趣旨や希望の商品を提示することで、

ECサイト上に存在するショップや工場に商品詳細や規約など、

マルチに中国輸入に関して請け負ってくれます

中国語や英語に不安のある方にとってはこれだけで大きなメリットになります。

さらに日本からきた客の値下げ交渉やロット数の交渉というのはなかなか応じてもらえないケースも多いです。

しかし現地の言葉を使える代行業者であれば、そのような交渉も意外と容易に行える場合もあります

交渉後は買い付けや発送まで行なってくれます。

この際に注意したいポイントが、検品サービスがあるかということです。

中国輸入品に関して不良品や品質に不安を感じる方も多いでしょう。

この検品サービスは業者によってはそのレベルが曖昧なので注意しましょう。

代行業者のメリットは、中国輸入に関してマルチに請け負ってくれること

代行業者を選ぶポイント

代行業者といっても法人や個人で行なっているところと無数に存在します。

もちろん法人で行なっている業者がおすすめです。

しかし割高になることもあります。

そこで業者を選ぶ際のポイントですが、もちろん料金で選ぶことは間違いではありません。

しかしそれ以上に重要なのが、

  • どこまで請け負ってくれるか
  • どのくらいの期間で届けてくれるのか

ということです。

例えば検品まで高い基準で行なってくれる業者もあれば検品を行わない業者もあります。

商品の到着まで数週間かかる場合もあります。

このような料金以外にも注意して業者を選ぶようにしましょう。

代行業者を選ぶポイントは、どこまで請け負ってくれるのか?など料金以外にも注意して選ぶ必要がある

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおける中国語や英語に不安のある方へ向けて、その必要性や活用すべき翻訳サービスや代行業者についてご紹介してきました。

  • テキスト上のコミュニケーションであれば「Google翻訳
  • 商品説明や規約に関しては専門的な用語にも強い「エキサイト翻訳

を活用することで、効率的に中国語や英語に不安のある方でも言語の壁を取り払うことが可能です。

さらに現地での交渉や買い付け、発送といった作業は中国の代行業者を利用することで、こちらも言語の壁を取り払うことができます

今回の記事を参考に、中国語や英語による言葉の壁が取り払われるきっかけにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です