最初はこれから!中国輸入で稼ぐための資金不足を解決するコツ!

中国輸入ビジネスを行うにあたって、資金の悩みについて頻繁にうかがいます。

実際、いくら資金があればいいのか?

今回の記事では中国輸入ビジネスの資金について掘り下げてご紹介していきましょう。

実際中国輸入ビジネスを行うにあたって資金はたくさんあるにこしたことはありません。

しかし、個人で行うにあたって、それほど多くのお金をかけることは難しいのが現状でしょう。

実際は、現金を持っていなくも始められます。しかし、どのくらい稼ぎたいかによって資金の額は変わってきます。

それでは始めていきましょう。

資金を作る方法

冒頭でお伝えしたように、手元にお金がなかったり、手元のお金を使いたくない場合でも、中国輸入ビジネスの資金を作る事ができます。

中国輸入ビジネスは、不安定。稼げない。難しそうなど、ネガティブなイメージを持たれることも多いです。

さらに自分の手元のお金使って始めるとなると億劫に思う方も多いのではないでしょうか。

しかし手元に資金があればやってみたいと思っている方もいるでしょう。

それではまず手元に資金を作っていく3つの方法をご紹介していきます。

1.不用品を売る

中国輸入ビジネスに興味のある方であれば、メルカリやラクマなどのフリマアプリを使ったことのある方は多いのではないでしょうか。

不用品を販売してお金にできるフリマアプリは中国輸入ビジネスの資金を作るのにもってこいです。

家の中には、使わないのに放置してあるものは意外と多いことでしょう。

人によっては不用品をフリマアプリで販売するだけで、数十万円くらいの資金が作れてしまうかもしれません。

一旦自分の家に不用品がないか確認してみてはどうでしょうか。

例えば、聞かないCDや見ないDVD、読まない本、着ない服などなど何かしらあることでしょう。

家に既にある不用品を商品化するので、仕入れ金はかかりません

さらにフリマアプリで商品を販売することで、ネット上でお金を稼ぐ仕組み、つまり中国輸入ビジネスの大まかなスキームを学ぶにも役立ちます

ネットでお金を稼ぐ練習にもなるので、撮影や出品、梱包、発送、評価などにも注意して学びながら販売すると尚良いでしょう。

中国輸入ビジネスでは相場を事前に調べるリサーチ業務が多いですが、フリマアプリでもリサーチを行いましょう。

モノレート」など無料で活用できるサービスもあるので、ぜひまずは気軽に使ってみましょう。

これが1つ目の資金を作る方法です。

資金を作る方法1.
フリマアプリで不用品を売る

アフィリエイト(セルフバック)

アフィリエイトをご存知でしょうか。

アフィリエイトとは、自身のサイトやブログに広告を掲載し、消費者が商品購入・サービス利用などのアクションがあった時に広告費をもらうビジネスです。

街中で広告看板を見かけますよね。言い換えれば、その広告看板の所有者になることです。

不動産の賃貸物件であれば、その物件のオーナーのように、その場を貸すことで収益を得る方法ともいえます。

しかしアフィリエイトは収益が発生するまでに時間と手間がかかります

そこで、アフィリエイトのセルフバックをご存知でしょうか。

時間や手間のかかるアフィリエイトですが、セルフバックを利用すればすぐに収益が発生します

これは自分自身が商品を購入したりサービスを利用する事で、収益を発生させることのできる方法です。

そのためサイトやブログを構築する時間や手間が掛かりませんしすぐに収益化できるのが魅力です。

「A8.net」のセルフバックで、クレジットカード登録やFXや株の取引サイトの登録をすれば効率的に稼げます。

これらは登録だけで1万円以上の報酬を得ることも珍しくありません。

このようなアフィリエイトのセルフバックを利用してネットで稼ぐ方法も1つの方法です。

資金を作る方法2.
アフィリエイトのセルフパックを利用する

キャッシング

大学生や社会人の方であれば、クレジットカードを持っている方がほとんどでしょう。

そこでクレジットカードのキャッシュングを利用したことはあるでしょうか。

実際にはあまり利用することのない機能かもしれませんね。

しかしこれも手元のお金を使わない意味では有効な資金調達の手段になります。

キャッシングでは職業やバックグラウンドの個人差がかなり影響するので一概にはいえませんが、数万円のキャッシングであればすぐに手元に用意する事ができます。

しかしクレジットカードのキャッシングはいわゆる借金ではあるので注意が必要です。

上記の2つの方法をまずは優先的に試してみることをおすすめします。

資金を作る方法3.
クレジットカードのキャッシングを利用する

資本金

先述した通り、原理的には自分の不用品を売ったり、セルフバックを行なったり、キャッシングを活用したりと、資金がなくても中国ビジネスは始める事ができます。

しかし手元にある程度の資金があったほうが望ましいことも事実です。

それでは実際にいくらくらい資金が必要なのかみていきましょう。

いくら稼ぎたいのか

資金は多いに越したことはありませんし、事業としてスケールしていくにも多いほど効率的に運用する事ができます。

というのも「いくら稼ぎたいのか」によって大きく資金の必要性はかわってきます。

基本的に中国輸入ビジネスの利益率は30%前後と言われています。

例えばお小遣い程度に月1万円稼ぎたいのであれば3万円程度で稼げるという事です。

副業としてしっかり取り組みたいのであれば10万円稼ぐのに30万円。

本業としていきたいのであれば最低限20万円は稼ぐのに60万円必要です。

稼ぎたい額 資金の目安 スケール
月1万円 3万円程度 お小遣い程度
月10万円 30万円程度 副業でしっかり取り組みたい
月20万円~ 60万円程度 本業にしていきたい

効率的に運用する事ができれば硬いビジネスと言えるでしょう。

他の資産運用であれば月利数%も珍しくありません。

しかしいくら硬いビジネスといっても、いきなり20万円稼ぐのは手間も時間もかかる上にある程度のノウハウや経験が必要になってきます。

そのためまずはお小遣いや副業として始めることをおすすめします。

それで慣れてきたら本業として検討していきたいものです。

ここで押さえておきたい事が、自分の努力次第で中国輸入ビジネスはいくらでもスケールしていける事です。

例えばサラリーマンは月にいくら努力しても基本的に規定の給料よりも多くのお金を受け取ることはできません。

この点がサラリーマンのモチベーション維持が難しい点です。

もちろんサラリーマンに良い点もありますが、中国輸入ビジネスのような個人の努力がお金に即座に還元されるビジネスはモチベーションを維持するにも効果的です。

言い換えれば努力をする事ができなくればお金は稼げません

この点はシビアでもありますが、少しでもお金を増やしていきたい、サラリーマンを辞めたいと思うのであれば努力をし続けるしかありません。

そうすると自分が「いくら稼ぎたいのか」も見えてくるのではないでしょうか。

中国輸入ビジネスの利益率は30%前後
月1万円稼ぎたい→資金3万円程度
月10万円稼ぎたい→資金30万円程度
月20万円稼ぎたい→資金60万円程度

どうやって学んでいくのか

ある程度の、資金の目星やいくら稼ぎたいのかが見えてきたら、次はどうやって中国輸入ビジネスを学び、集めた資金を運用していくかになります。

方法は主に、独学で行うか、コンサルやコーチをつけるか、商材を買うかです。

それでは1つずつ見ていきましょう。

独学で学ぶ

お金を殆どかけずに学ぶのであれば、独学一択です。

インターネット上で現在は無料で中国輸入ビジネスのノウハウについて学ぶことが出来ます。

しかしここで問題なのが無料で公開されている情報は

  • その手法が古かったり
  • すでに誰かが行なっている手法で競争率が高い

ことです。

無料で学べるのは訳があると留意しておきましょう。

しかし無料で得られる情報で稼ぐことも可能です。

自分にあった方法で学んでいきましょう。

お金をかけずに学ぶなら独学一択

コンサルやコーチから学ぶ

コンサルやコーチから学ぶのは、最も稼げるようになりやすい方法です。 bt

実際に中国輸入ビジネスを行なっている方の生の声を聞いて学んでいくと最も効果的でしょう。

しかしその分、受講料などお金がかかってきますし、名ばかりのコンサルタントやコーチがいることも事実です。

その点は自分で見定めていくしかありません。

稼げるようになるような有益な情報もありますが高額な場合が多いでしょう。

しかしそれは費用対効果ではあるので致し方ない面ではあるので、そこを賄える方であればこちらをおすすめします。

費用対効果を賄える方は、コンサルやコーチから学ぶと稼げるようになりやすい

商材を買う

最近はSNSなどで「稼ぐ方法教えます」「誰でも月収100万円」などのようなコピーで商材を売っている方も多く見かけることでしょう。

しかしこれらの殆どが実際には稼げない手法であるといわれています

そのような甘いセールスコピーで商材を売りつけ荒稼ぎしている方もいるのが現状ですが、実際に購入し中身を見てみないことには一概にはいえません。

実際そのような商材で稼げるようになっている人もいます。

そのためまずは自分がどのくらい学びにお金をかける事ができるのか、どの方法が自分にあっているのかについて知るようにしていきましょう。

もちろん学び方はそれぞれで他の人は稼げなくても自分は稼げるかもしれませんし、その逆ももちろんあり得ます。

商材は甘いセールスコピーに注意
自分が学びにかけられるお金と自分に合った方法について知ることが大事

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスの資金についてお伝えしてきました。

どうやって資金を作っていくのか、そこからどうやって学んでいくのか、それぞれみてきました。

しかしビジネスに絶対はありません。逆に一般的に不可能なことでも可能にしてしまうかもしれません。

そう思うと自分自身で中国輸入ビジネスを行うことは大きな可能性を秘めているとも言えるのです。

ぜひ今回の記事を参考に中国輸入ビジネスに励んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です