中国輸入で欠かせない梱包作業!AmazonFBAやAmazonsellercentralの様々なメリットを紹介

中国輸入 梱包

中国輸入ビジネスにおいて梱包作業は欠かせないものの1つです。

梱包作業のクオリティによって評価やその後のリピートに大きく影響してきます。

どれだけ入念にリサーチを行い売れる商品を仕入れることができても最終的に消費者に届くタイミングで商品の梱包のクオリティが怠っていては、継続的に中国輸入ビジネスで稼ぎ続けることはできないでしょう。

しかし、実際フリマアプリのように自分で梱包から発送までを行うとなると手間も時間もかかってきます。

そこで、そんな梱包作業を効率的にすることのできるAmazonFBAというサービスをご存知でしょうか。

売り上げを上げテイクためにもAmazonFBAの活用は効果的な方法です。

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおける梱包について詳しくみていきましょう。

梱包の際の道具から注意点やAmazonFBAのメリット、FBAに欠かせない Amazonsellercentral など網羅的に確認していくので中国輸入ビジネスで継続的に稼ぐことを目標にしている方はぜひ参考にして下さい。

【私、kentの実績】

まずはこの記事を書いている僕が、実績がないと説得力がありませんよね。

なので、簡単に僕の物販での実績をご紹介しておきます。

せどりや店舗転売など主要な物販ビジネスは一通りすべてやっています。

そして中国輸入を

初めて4ヵ月目

・月商800万円
・利益320万円

を突破。

今では月商2000万を突破しています。

【実際の売り上げ】
2017年の実績

2018年の実績

私も経験しているからわかりますが、ネットの情報だけでビジネスを成功させるのは本当にセンスがある人だけです。

こちらの動画を見てもらえればわかりますが、僕もたくさんの苦労をしてきました。

普通の人は、現役で実績を出しているプロにアドバイスを受けながらやらないと、今の状況を繰り返すだけです。

ネットでお話しできるのはどうしても一般的な情報になってしまうので、僕のスクール「OBS」では素早く疑問を解決したい方はLINEでお気軽にお尋ねください!

きちんと稼げるようになりたい方だけに、無料相談を受け付けるようにしています。
(絶対に結果を出したいという本気の方にしか教えたくないからです)

今の
状況を抜け出したい…
長く稼げる本当の意味でのビジネスにしたい

という方は、こちらでご相談ください。

【人数限定!LINE@で無料サポート中】

相談内容は転売・せどり・中国輸入にかかわるものなら何でもOKです^^

 

こちらをクリック!!相談用LINE@

LINE@ID:@kent123

Twitter @kento_715

 

※僕の手が足りる人数に達し次第、予告なく締め切りとさせていただきます。
再募集の予定はありませんので、迷っている方はお急ぎされることをおすすめします。

梱包を楽にするAmazonFBAとは

中国輸入ビジネスに従事されていない方はAmazonFBAと聞いてもいまいちわかりにくいでしょう。

現在Amazonは私たちの生活になくてはならないものになっており、1つのインフラ的な側面もあるでしょう。

そんなAmazonの台頭を進んだ1つの要因がAmazonFBAの導入でもあります。

これによって個人でも商品を扱うことができるようになり様々なメリットがもたらされました。

セラー側のAmazonFBAのメリット

まず、セラーの立場からするとAmazonFBAが導入されたことによって、

  • 在庫保管や梱包が楽になった
  • 個人の仕入れた商品をAmazonが発送してくれる
  • クレーム対応まで行ってくれる
  • 返品対応や交換を行ってくれる

このようなメリットがもたらされました。

梱包というセラーにとって時間も手間もかかる作業が楽になったのはセラーにとって大きなメリットです。

さらに梱包だけではなく、発送やクレーム対応、返品交換の対応まで行ってくれるので、セラーにとって非常に有用的なサービスになっています。

消費者側のAmazonFBAのメリット

AmazonFBAによってもたらされたメリットはセラー側だけではありません。

消費者にとっては、

  • 商品の到着が早い、安定している
  • 梱包が安心できる
  • 返品の際もAmazonが適切に対応してくれる

消費者にとってAmazonを利用するのは、商品の到着が早い事が大きな要因でしょう。

実際個人が販売している場合、到着が遅くなることはもちろん、発送のタイミングが不安定であるという問題がありました。

それがAmazonFBAの導入によって早く安定的な発送になったのです。

また、どうしてもクレームや返品対応が個人では一貫性がなく適切な対応を行えないということも多くありました。

しかし、これもAmazonFBAによって、Amazonがそれらの対応を請け負ってくれるので安心して購入することができるようになっています。

その結果セラーにとってもAmazonが仲介してくれることによって売上の向上に繋がっています。

中国輸入Amazon販売における梱包

中国輸入で商品を仕入れて商品を販売ていく際の大きな流れとしては商品のリサーチ→商品の仕入れ→商品の発送となります。

梱包なこの3つの流れでは最後の商品の発送になります。

梱包するタイミングとしては、中国から商品を自宅などへ配送し、そこからAmazonFBA倉庫へ納品する際になります。

もちろん特にフリマアプリなどでは自宅から直接配送することもあるのでその場合でも同じです。

直接配送する際は、特に梱包が重要になりますので、注意しましょう。

また、一括りに梱包といっても代行業者が梱包までを請け負ってくれる場合もありますので、ご自身のスタイルや利用する代行業者に合わせてその都度変更してください。

代行業者が梱包までを請け負ってくれている場合、行うことは4つのみです。

  1. Amazonsellercentralで識別バーコードを発行する
  2. バーコード(FNSKU)を梱包する書品に貼り付ける
  3. 納品する商品をそれぞけ分け、ダンボールに詰めていく
  4. 納品するAmazonFBA倉庫に分けて、納品番号をダンボールに貼り付ける

以上の流れになります。

Amazonsellercentralとは

中国輸入ビジネスに従事していない方にとっては、 Amazonsellercentralは馴染みのないものかもしれません。

これは、 Amazonで商品を販売する業者向けの出品管理ツールのことを指します。

出品する商品の登録や管理はもちろん、売上やアクセスデータを分析できる他、販売促進や作業効率向上に役立つ各種情報にもアクセスできるので、中国輸入ビジネスを行うための有効なツールになります。

また、ビジネスレポートやAmazon出品コーチ、フルフィルメント、広告関連レポート、ペイメントなど実に様々なサポート体制が整っています。

AmazonFBAを活用して効率的に梱包や発送を行うためにも重要なツールになってくるのでぜひ利用していきたいものになります。

 Amazonsellercentralと梱包

梱包に関することとしては、セラーは Amazonsellercentral でバーコード(FNSKU)を発行しPDFで出力して、納品プランを決定してきます。

これは、セラー側がどのような商品をダンボールで何箱納品するのかを事前に相互確認するものになります。

周知の通りAmazonというプラットフォームは数え切れないほどのセラーを含めたクライアントを関わっています。

Amazonが私たちの生活に欠かせないものとなっている現在は、それが容易に想像が付くと思います。

すると、当然AmazonFBA倉庫には膨大な量の商品が日々流出入していることになります。

それを判別し消費者の元へ間違いなく届くようにするためには、商品1つ1つにバーコード(FNSKU)を持たせる必要が出てきます。

つまり、梱包の際には Amazonsellercentralで発行するバーコードが必要不可欠なのです。

また、バーコードの貼り付けやダンボール詰めに関しても間違いなく貼り付けていく必要があります。

しかし、セラー側にとっても多くの商品を扱う場合どうしてもミスがつきものです。

ミスが起きてしまった場合でも、 Amazonsellercentralが適切に対応してくれるので、間違った場合にはAmazonからメールで間違いを教えてくれます。

ただ、注意しておきたいのは、Amazonがミスを指摘してくれるからといって、なんども間違えると、最終的にはアカウントの停止になる恐れもあります。

いくらAmazonとはいえ、何度もミスのあるセラーは取引相手から外さざるを得ないのです。

そのため、間違い無いようにチェックするように心がけましょう。

梱包の際に必要な道具

ここでは実際に梱包する際に必要になってくる道具を見ていきましょう。

必要な道具は

  • ダンボール
  • カッター(ハサミ)
  • ガムテープ
  • メジャー
  • 測り
  • ラベルシール

以上の6点になります。

ダンボールやメジャー、測りは商品のサイズや重さを計測する際に必要になってきます。

カッターは届いた商品を開封していくときに使います。

ガムテープはダンボールを閉じる時です。

そして、馴染みのないものがラベルシールしょう。

ラベルシールはAmazonや家電量販店や大型スーパー、ホームセンターなどで販売していますが、思ったよりお金がかさみます。

そもそも仕入れでお金を使うのでなるべくお金は使いたくないのがセラーの正直なところでしょう。

ラベルシールは継続的に必要になってくるので、中国から輸入して使用するのがおすすめです。

ラベルシールに限ったことではありませんが、中国から輸入すると安く手に入るものはたくさんあります。

固定的に発生してくるものはなるべく安く手に入れるように心がけておきましょう。

また、100均でほとんどのものは手に入るので、100均など安いショップを活用するのも結果的に中国輸入ビジネスで稼ぐための方法です。

また、商品の梱包はとにかく早め早めを心がけ、消耗品のストックも切らさないようにしておきましょう。

キャッシュフローの安定しない時期は特に少しの遅れが命取りになる場合もあります。

梱包の道具や方法は慣れてしまえば、なんてことはない作業ですがはじめのうちは思いの外、苦戦するかもしれません。

雑な梱包を行ってしまうと今後の取引にも影響が出てくる可能性があるので、慣れないうちは丁寧に心がけ注意して梱包していきましょう。

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおける梱包に焦点を当てて解説してきました。

AmazonFBAが導入されたことによって、梱包はもちろんクレーム対応や返品、発送など、梱包にも関係してくることがクリアになり、セラーにとっても消費者にとっても大きなメリットをもたらしました。

また、 Amazonsellercentralや梱包に使う道具についてもご紹介してきましたが、これらははじめのうちは苦戦するかもしれません。

しかし、中国輸入ビジネスで継続的に成果を出していくためには必須とも言えるツールです。

ぜひ、中国輸入ビジネスを検討されている方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です