【稼ぐためには1番大事!】中国輸入の検品のコツと、失敗しない鉄則

中国輸入ビジネスを行う際には、

  • タオバオ
  • アリババ
  • TMALL
を使う方は多いでしょう。

しかしこれらのECサイトは単価が安い分、不良品をつかまされることもあります。

そこで重要になってくるのが商品の検品です。

またレビュー数の少ない、評価の低い販売者から購入するのは億劫ですよね。

そのため中国輸入ビジネスにおいて、レビューや販売者の評価は非常に重要です。

売り上げにも大きく関係してきます。

今回は中国輸入ビジネスの

  • 検品やそのメリット・デメリット
  • 検品サービスを行なってくれる代行業者
について、ご紹介していきましょう。

検品について

中国輸入ビジネスで検品を怠り、不良品をAmazonやメルカリなどで販売・納品してしまうと、

  • 購入者との信頼関係を失う
  • レビューを記入してもらえない
  • ネガティブなレビューを記入される
  • 低評価をつけられる
など、良いことは1つもありません。

「お客様は神様」という言葉がありますよね。

中国輸入ビジネスは特に消費者(お客様)あってこそのビジネスです。

当然ですが、消費者に誠実に向き合い商品ページに記載した通りの商品を納品しましょう。

購入者にとって、不良品を納品されることはとても残念です

そうならないためにも検品や代行業者選びには注意が必要です。

他の販売者は検品をしているのか

検品はできることに越したことはないでしょう。

しかし検品をしていない方も一定数存在しています。

もちろん検品は義務ではないので販売者の自由であって正誤がある問題でもないでしょう。

ここでフォーカスしていきたいのは、検品に対して「どのように捉えるか」です。

検品をしていない方も一定数存在する

中国輸入ビジネスをどう捉えるか

中国輸入ビジネスを行うにあたって、あなた自身が大切にしたいこと、得たいことは何でしょうか

  • 単発的な利益
  • 継続的な利益
  • 実績
など、個人によって様々でしょう。

しかしビジネスを行うことは、少なからずお金が欲しいという理由で始める方が多いのではないでしょうか。

例えば、「とりあえず単発的に20万円欲しい」という思いで行っている方もいるかもしれません。

そのような意図であればレビューや評価をさほど気にせず、検品を行わずに仕入れた商品がとりあえず捌ければ良しとするかもしれませんね。

継続的に月10万円ずつお金が欲しい」という思いであれば、レビューや評価は重要です。

レビューや評価が蓄積されると、継続的な売り上げに寄与します。

中国輸入販売を行った実績が欲しい」方でも短期であればレビューや評価を気にせず検品を行う必要がないかもしれません。

長期的な実績が欲しいのであれば検品に注意する必要があるでしょう。

しかし先述したように、利益が欲しいのであればレビューや評価は重要なので、検品は行うでしょう。

言い換えると検品を行うことは、ポジティブなレビューや評価を得てアカウントを守りつつ、利益を積み重ねていくために必要です。

検品は、利益を積み重ねていくために必要な業務

検品のメリット

それでは検品のメリットについて見ていきましょう。

  • 売り上げアップ
  • ポジティブなレビュー獲得
  • 顧客満足度向上
  • リピーター増加
  • 返品作業を減らせる
このようなメリットが挙げられます。1つ1つ見ていきましょう。

1.売り上げアップ

ビジネスを行うにあたって売り上げは、誰しもが気にかけることですよね。

検品で、商品が消費者の手に渡る前に不良品を省けます

不良品が消費者に渡れば返品の可能性が出てきます。

しかし検品を行えば、不良品が消費者に渡らないことにつながり返品も減るので、売り上げアップにつながります。

検品によって返品も減るので
売り上げアップにつながる

2.ポジティブなレビュー獲得

先述したように、レビュー獲得は継続的な利益をあげるために非常に重要です。

レビュー獲得のために、無償で商品を提供しレビュー獲得を行う業者もあるほどです。

言い換えれば、レビューはその販売者の信頼度です。

レビューが多いほど信頼されていると言えるでしょう。

オンライン上で目には見えない信頼度をレビュー機能によって可視化できるようになります。

また検品によって良品を提供できれば、販売者を応援するポジティブなレビューを記入してくれる消費者はたくさんいます。

ポジティブなレビューをもらうためにも検品は必要で、いただくレビューは販売者にとって大きなメリットになります。

ポジティブなレビューをもらうためにも検品は必要

3.顧客満足度向上

検品によって良品が消費者に届くことで、顧客満足度の向上にもつながります。

ECサイトで商品購入した場合、不良品が届いては満足度は低いですよね。

逆に良品が届けば満足しますが、それは最低限のラインであることも忘れないでください。

あくまで消費者は

販売ページと同様の商品が届くことが目的ですので、

検品せずに不良品が届けばそれはマイナスです。

検品によって良品が消費者に届き
顧客満足度が向上する

4.リピーター増加

検品によってリピーターの確保につながるメリットもあります。

消費者からの信頼度や満足度を得ることができれば、再度購入してくれる可能性も高まります。

不良品を販売する業者であるイメージが植えつけられてしまっては、リピーターはつきにくいです。

つまり継続的な利益を獲得するのは難しくなってきます

そういう意味でも検品は重要です。

消費者からの信頼度や満足度を得られ
リピーターの確保につながる

5.返品作業を減らせる

中国輸入販売において、返品作業ほど億劫なものはありません。

苦労して中国輸入のスキームを構築し、

仕入れた商品が売れた時は嬉しさを感じることでしょう。

逆に返品された場合は、

  • 苦労して培ったにも関わらず
  • 売り上げにもならず
  • お詫びのメッセージや返金の対応
などネガティブな作業に追われます

しかし検品で返品自体が減少し、

ネガティブな作業数も減ります

これも検品のメリットといえるでしょう。

検品で返品自体が減少し
ネガティブな作業数も減る

検品のデメリット

それでは次は検品のデメリットについて見ていきましょう。

デメリットがなくれば、誰でも検品するでしょう。

しかし様々なメリットにも変えがたいデメリットがあるので検品が疎かになるのです。

  • 時間と手間がかかる
  • お金がかかる
ビジネスを行う上でコストは極力減らしたいですよね。

しかし検品にはコストがかかります

それではこちらも1つずつ見ていきましょう。

1.時間と手間がかかる

中国輸入ビジネスを行うには、リサーチをはじめ様々な作業があります。

ビジネスを始めたばかりであれば、調べ物やノウハウを学んだり、とにかく時間と手間がかかります。

それに加えて検品をすると時間と手間がかかります。

時間は有限ですので時間を増やすには、

  • 自分の生産性を向上させる
  • 外注して人手を増やす必要
があります。

検品作業は「時間」と「手間」がかかる

2.お金がかかる

先述のように、検品を外注するにはお金がかかります。

無償で時間も手間もかかる作業を担ってくれる方はいませんよね。

お金がかかるということは、売り上げから経費として外注した分を引かなくてはなりません

このように検品には時間と手間がかかり、それを省くために外注する場合はお金がかかります。

このようなデメリットがあるので検品を行わない業者も多数存在するのです。

検品を外注するにはお金がかかる

検品サービス

先述したようなメリット・デメリットがあります。

そこで外注先としてオススメの業者を紹介します

中国輸入ビジネスは基本的に薄利多売のビジネスモデルです。

個人事業として行う場合であっても、たくさん売って小さな利益を積み上げていかなくてはなりません。

月に20万円利益をあげたいとしましょう。

単純計算ですが、1つの商品の利益が1000円と仮定すると200個売らなくればなりません

個人で中国輸入ビジネスを行う場合、ノウハウが蓄積されたり売り上げが立つようになっても、いずれは限界がきてしまいます

本業がある方や育児など家庭のことがあり時間的な制約がある方は特に、いずれは外注を視野に入れていかなくてなりません

それではオススメの検品サービス「 CiLELについてご紹介していきましょう。

CiLEL

1つ目のオススメの代行者「CiLEL」は、福井県に本社を構える中小企業です。

中国輸入検品に関する業務では主に、

  • 破損確認
  • 汚れ確認
  • 糸やほつれの確認
  • キズ確認
などの商品の検品を行ってくれます。

日本の業者で比較的安心できますよね。

破損確認では外箱から商品の状態を確認できない場合には、パッケージを開けて破損していないかの確認をしてくれます。

汚れ確認では商品についている汚れを落としてくれます

拭いて汚れが落ちる商品とはいえ、こちらも1つ1つ汚れを落とすのは大変な労力です。

糸やほつれの確認では、飛び出している糸があれば丁寧にカットしてくれます

商品の検品によって不良品を見つけてくれる業者は比較的多いです。

売れるか売れないか。という判断を行うだけです。

こちらは検品して不良品を見つけ、修復作業まで行ってくれるのが大きな魅力です。

売れない商品だと弾かれることが少なくなることで、販売数を減らさないメリットがあります。

個人で検品する際に、商品を1つ1つパッケージから開けて検品するのは非常に労力を伴います

その点こちらの代行業者へ委託すると作業効率が飛躍的にアップできます。

また検品を行うことで消費者の商品満足度の向上にもつながります。

オススメの検品サービス代行業者は「CiLEL
代行業者へ委託すると作業効率が飛躍的にアップする

まとめ

今回の記事では

  • 中国輸入の検品やそのメリット・デメリット
  • オススメの検品サービス業者
についてご紹介してきました。

継続的な利益をあげる上で検品は非常に重要で、

売り上げや顧客満足度に直結します。

今回の記事を参考に有益な中国輸入につながれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です