大きく稼ぐコツ!中国輸入は差別化が大切!プロが教える秘訣

ビジネスを行なっている方であれば、競合は少なからず存在するでしょう。

そこで気にすべきポイントはどうやって競合と差別化するのかになります。

特に中国輸入を行なっている方であれば、OEMなどによって差別化することに力を入れているかもしれませんね。

売り上げを確保するためにも、継続的に中国輸入ビジネスを行う上で差別化は欠かせません。

そこで今回の記事では中国輸入の差別化についてご紹介していきます。

リサーチ方法について

中国輸入のAmazon出品では、

  • その商品がどのくらい売れているのか
  • 出品者(競合)はそのくらいいるのか
  • 利益はいくら程度見込みがあるのか

といったことをリサーチすることで、ある程度の稼ぐことは可能でした。

しかし、さらに利益を求め継続的に稼ぐためには、そのようなリサーチだけでは不十分です。

OEMで差別化して販売していくには上記のリサーチに加えて企画していく力が求められてきます。

つまりその商品の

  • リサーチ
  • ターゲッティング
  • マーケティング
  • 市場分析

を行い、売れる商品を企画していくことです。

それでは実際に、リサーチ以外で、どのように分析していくのかについてご紹介していきましょう。

3C分析

中国輸入ビジネスのノウハウ紹介では差別化」というワードが多用されています。

しかし差別化といっても、その明確な意味は理解されていないのではないでしょうか。

例えばOEMで差別化する際に、頻繁に用いられるロゴのみを貼り付けたOEM商品があります。

これは他社であってもロゴだけを作成すればすぐに模倣品を作ることができます。

するとこれは消費者にはあまり望まれる商品とはいえないのです。

ここでは差別化の定義を「3C分析」や「バリュー・プロポジション」としてご紹介していきましょう。

OEM商品を作っていくためには、

企業経営や販売戦略などに頻繁に活用される

「3C分析」や「バリュー・プロポジション」の概念

を押さえる必要があります。

まず「3C」分析とは

  • Customer(顧客)
  • Competitor(競合)
  • Company(自社)

の3つの頭文字をとった造語です。

この3つの視点から考えて、顧客のニーズがあり自社が提供できる商品が稼げる可能性の高い商品です。

ここでは競合がいないことがポイントで、そのような商品を「バリュー・プロモーション」と言います。

「3C分析」を行ない、この「バリュー・プロポジション」と呼ばれる商品を選定・企画しOEMを行うことによって稼げる商品になります。

それでは「3C分析」についてそれぞれ見ていきましょう。

稼げる商品は、3C分析を行い、顧客のニーズがあり自社が提供できる商品を見つける

Customer(顧客)

まず顧客ニーズのある商品とは、どのようなイメージがあるでしょうか。

希少性のあるものや利便性の高いものなど、個人によってそのニーズは様々です。

そのためニーズがある商品を選定するのは、主観的なバックグラウンドが起因するので、細分化していくとかなり難しくなってきます

しかしAmazonや楽天、Yahoo!などのECサイトのランキングを活用すれば顧客ニーズを大まかにつかむ事ができます。

そしてその商品を分析していくことによって、売れる商品が見えてきます。

その際に気をつけるポイントは、

  1. 売れ筋ランキングを調べる
  2. 商品カテゴリの市場規模
  3. カスタマーレビュー
  4. 他サイトの比較

この4つを分析することです。

1.売れ筋ランキング

売れ筋ランキングは最も簡易的に商品を選定する事ができ、ざっくりとした大まかな情報を仕入れる際に役に立ちます。

例えば仕入れたい商品のジャンルにカテゴリをショップ内で絞り込むだけで、すぐにその時間の商品の売れ筋が理解できます。

また上位に上がってくる商品の情報を見る事で、それらの商品がどのような性能や性質を持っていることがわかります。

すると顧客はそのジャンルの商品にどのような性能や性質を求めているのかわかってきます

2.商品カテゴリの市場規模

中国輸入ビジネスはそもそも不安感をお持ちの方も多いでしょう。

それもあって、在庫リスクや競合との競争を避けるために、利益が多少低くても安定感のある商品を選ぶことが多い傾向にあります。

しかし実際そのように考えている方はたくさん存在するので、ある程度の利益が見込める商品を選定した方が競合を避けられる可能性も高いのです。

それで薄利多売のビジネスから抜け出すことも可能です。

3.カスタマーレビュー

カスタマーレビューは非常に重要なポイントです。

実際にクラウドソーシングや外注の案件ではレビュー記載をお願いする案件が山のようにあります。

つまりカスタマーレビューによって売れるか売れないかが大きく左右することもわかります

実際に商品を購入する際に、カスタマーレビューを参考にして購入することは多いのではないでしょうか。

またカスタマーレビューを分析することによって顧客のニーズをつかむのにも役立ちます。

その商品に対してポジティブなレビューが多い場合、それと同等の商品を販売すれば売れる商品になる可能性が高いです。

逆にネガティブなレビューが多い場合は、その商品の何が悪いのかが見えてきます。

するとそれを改善した商品であれば顧客ニーズをつかむことができます。

4.他サイトの比較

また先述したように、様々なECが存在しますが、他のサイトを比較し分析していくことも重要です。

つまり他サイトで存在しないブルーオーシャンの商品を見つけることです。

他のサイトで販売されておりニーズはあるはずだが、そのサイト上で販売されていない商品があれば、そこが狙い目です。

ECサイト上でニーズを満たす商品を企画し、販売する事ができれば多くの利益が見込めます

さらにその市場を独占することのできる可能性もあるので継続的に売り上げを立てることも可能です。

顧客ニーズのある商品は「売れ筋ランキング、商品カテゴリの市場規模、カスタマーレビュー、他サイトの比較」などを分析し見つける

Competitor(競合)

冒頭で触れたように、競合分析は差別化を行う上で欠かせません。

競合分析を行う際にもECサイト上である程度の見通しを立てる事ができます。

この際に「出品者」と「商品」に注目して分析していくことで、その市場における競合の情報がわかってきます。

競合を調べる時のポイントは

  • 出品者評価
  • 画像

この2つです。

こちらも先述のレビュー通り重要視する方は多い事でしょう。

1.出品者評価

商品を購入して顧客が出品者の評価を行う確率は基本的に20人に1人と言われており、かなり低い割合でしょう。

例えば100件の評価がある出品者であれば、過去に2000個の商品を販売していると大まかな予想を立てる事ができます。

出品者の評価によってその出品者がどのくらいの規模感で商品を販売し、どのくらいの実績があるのかもわかるようになってきます。

例えば1000件以上の評価のある出品者はパワーセラーと呼ばれます。

そのような方と張り合う形で同様のジャンルや商品を扱うには資金力や手間が必要になってきます。

逆に少ない評価数でもリサーチがうまく売れる出品者も存在するので参考にすると良いでしょう。

2.画像

画像に関しては、もちろん自分で作成している出品者もいます。

本格的に中国輸入ビジネスを行なっている方は、外注したりプロのカメラマンを雇って撮影しています。

商品を購入する際に、画像は非常に重要です。

人は第一印象で9割に印象が決まると言われていますが、これは商品の画像においても例外ではないでしょう。

そのくらい商品を売る際には気をつけたいポイントなのです。

例えば評価の高い出品者の販売商品を見てみれば一目瞭然です。

個人で行なっているとは思えないほどに画質やデザイン性に富んだ画像を使っている事がわかります。

そこで狙うのが、あまり良い画像を使っていなくても商品が上位に上がっているジャンルを狙う事です。

この場合、良い画像を使えば、そのジャンルを独占し稼ぐ事ができる可能性が高いのです。

また販売商品数はランキング上ですぐに確認できるので目安にするのにもってこいの指標です。

しかし数時間で変動することも頻繁にあるので注意する必要性もあります。

競合分析では、出品者評価と画像を分析することで、その市場における競合の情報がわかる

company(自社)

ビジネスを行う際には競合が存在しますが、そこで差別化していくには自社のストロングポイントが必要です。

先ほどのパワーセラーは他の出品者に負けないストロングポイントを持っています。

例えば

  • リサーチによる商品選定が効率的
  • 画像による見せ方がうまかったり

といったことです。

今回のテーマである差別化であれば、OEMによって他の出品者に真似できないようなオリジナル商品を作れるといったことになります。

しかしいきなりストロングポイントを探そうと思ってもなかなか難しいでしょう。

まずは中国輸入ビジネスの鉄則である、安くて高品質な商品提供を心がけることから始めていきましょう。

それがある程度慣れてくれば、その中でさらに安くできることや高品質なものを提供できるストロングポイントが見えてくることでしょう。

そこからOEMや差別化といった応用へ進んでいくことで売れる商品や継続的に稼ぐことに繋がってきます

自社のストロングポイントを見つけるため、まずは安くて高品質な商品提供を心がけることからはじめる

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおける差別化について見てきました。

差別化をはかるにはまず「3C分析」によって「バリュー・プロポジション」を見つける事が重要でした。

そしてそれを見つけるためには、顧客・競合・自社の見直しやリサーチを行う事で見えてくるでしょう。

ぜひ今回の記事を中国輸入ビジネスの参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です