稼げない人はできてない!AmazonのSEOのコツ!中国輸入で成功するために

中国輸入ビジネスを行っている方は、AmazonのSEO対策はどのようにしているでしょうか。

ブログやサイト運営を行った経験のある方であれば、SEO対策は非常に重要だと理解しているでしょう。

手間暇かけてOEMで商品開発を行ったり、リサーチして商品を仕入れたのに売れないことも珍しくありません

商品を売るためにはSEOの中でも検索キーワードの選定は非常に重要です。

今回の記事ではそんな中国輸入ビジネスにおけるAmazonのSEO対策としての検索キーワードの選定についてご紹介しいきましょう。

検索キーワード選定とは

Amazon上での検索キーワードの選定は、どのように行っているでしょうか。

まず検索キーワードとは、消費者が商品を検索する際にAmazonの検索欄に打ち込むキーワードのことです。

冒頭でお伝えしようにいくら手間暇かけて商品選定を行ったとしても、商品をみてもらう事ができなくれば売り上げにはつながりません

そのため消費者の気持ちになってキーワードを設定することが重要です。

そうすることによって検索から自分自身が出品している商品へ誘致する事ができるようになります。

ここで自分の主観的な考えだけでは、なかなか自分の商品へ誘致する事ができず、最終的に商品の購入にもつながりません

中国輸入ビジネスで稼ぐためには、

  • 消費者の気持ちになってキーワード選定を行い
  • 商品をAmazon検索結果で上位表示させ
  • 自分の商品をみてもらい購入してもらう事

が非常に重要です。

検索キーワードは消費者のニーズと自分の商品を繋げる役割を果たすので、検索キーワードの選定は非常に重要なのです。

例えば既に商品名をわかっていて、ダイレクトにその商品を検索する場合もあります。

しかしあなたが商品を検索する際に、正式名称がわからずに、ぼんやりとしたイメージで商品の特徴を検索欄に打ち込んで検索した経験はありませんか。

例えば、Apple社のエアーポッズが欲しいとしましょう。

正式名称がわからない場合検索欄にはなんと打ち込むでしょうか。

「Apple イヤホン ブルーツゥース」

などと打ち込めば、検索結果にはエアーポッズが出てくる事でしょう。

このように正式名称がわからなくても、その商品の特徴を入力する事で、Amazon上では検索エンジンが理解してその商品へと導いてくれるのです。

これを自らキーワード設定を行うことによって消費者を導くのです。

それでは実際に、AmazonのSEOの仕組みやその中で検索結果の上位を獲得する方法についてご紹介していきましょう。

消費者のニーズと自分の商品を繋げる
「検索キーワード」の選定は非常に重要

売り上げを向上させるポイント

先ほどお伝えしたように、検索表示で上位を獲得する事で売り上げにつながります。

そこで問題になるのが具体的にどのくらいの順位で表示されるようになれば良いかでしょう。

もちろん順位が高いほど売り上げに良い影響が出るのは当然です。

実際には、その検索キーワードで検索された際の検索結果一覧で1ページ目の上位3つ程度に入れば、大きく成果を伸ばす事が可能でしょう。

現在はECサイト上で数え切れないほどの商品が取引されています。

その中でも最も大きなプラットフォームであるAmazon上では上位表示されなくては意味がありません

自分がどれだけリサーチして良い商品だと思い出品しようが、上位表示されなければ消費者には届かないシビアな世界です。

逆に言えば、そのシビアな世界で上位表示させる事ができれば売り上げに大きく貢献するのも事実です。

そしてSEOを上げるためのキーワード選定は「ビッグワード」と呼ばれる消費者が頻繁に検索するワードを狙う事が一般的です。

このビッグワードでキーワード選定を行う事ができれば、売れやすくなります。

売り上げを向上させるポイント
Amazonで上位表示されること
消費者が頻繁に検索する「ビッグワード」を狙う

A10の理解

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでは検索エンジン欄にワードを打ち込み検索をかけます。

それによって自分の知り得たい情報にアクセスできるようになります。

例えば今回の記事であれば

「中国輸入・SEO・検索キーワード」

あたりで検索してくれたのではないでしょうか。

このようにAmazon内でもその検索キーワードを意識する事で消費者と商品を繋げます。

Amazonの検索エンジンは「A10」という検索エンジンアルゴリズムが活用されています。

それによって消費者の意図に合致するようなシステムが構築されています。

この「A10」の仕組みを大まかにご紹介していきましょう。

このシステムの目的は、消費者のニーズをアルゴリズムによって効率的に商品へ誘導する事です。

そのため消費者のニーズに合致する商品が上位表示され売れるようになっているのです。

Amazonにとっても商品が売れれば利益になるため、いかに消費者が満足す商品を提供する事ができるかが鍵になってくるのです。

A10とはAmazon検索のアルゴリズム
A10の目的は消費者のニーズをアルゴリズムによって効率的に商品へ誘導する事

A10の攻略

A10の基本的な概要がご理解いただけたところで、実際にどのように活用していけば良いのかについてご紹介していきましょう。

企業には独自のミッションやビジョンがあり、それにに向かって事業を行ったり、従業員はそこ向かうために尽力します。

例えばスターバックスであれば、

  • コーヒーやフードの品質
  • 顧客へのサービスや教育プログラム
  • 環境問題への関わり

など、スターバックスの掲げるミッションやビジョンに沿って企業経営が行われています。

Amazonも例外ではなく、お客様を大切にする企業であることをビジョンに掲げて企業経営を行っています。

ここからわかる事が最終的にお客さんのニーズを満たし満足度を高める事が重要であると認識できるでしょう。

そのためAmazonのプラットホームを借りて出品しているのであれば、その趣旨に逆らってはいけません。

Amazonの「お客様を大切にする」趣旨に従い、

中国輸入ビジネスやSEO、キーワード選定を行えるのであれば、Amazon側からも有益な出品者として認識してもらえるようになります。

そこでAmazonもA10を攻略していくためには

  1. 商品の注文件数
  2. ユニットセッション率
  3. ページ内キーワード

この3つに注目する必要があります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

1.商品の注文数

1つ目の重要視されている点は、商品の注文数です。

これはその出品者が1週間以内に販売した商品の注文数によって決まると言われています。

もちろん注文数とは注文個数の事でもあります。

消費者が一度の購入で、商品を1個購入するのと100個購入したのでは、後者の方がAmazonにとって有益な出品者になります。

そのため注文個数の多い出品者の商品が検索上位を獲得しやすいのです。

この仕組みによって検索で上位検索されさらに商品がシナジー的に売れやすくなります

商品が売れれば売れるほど表示数が多くなり消費者の目につくようになります。

その結果、検索上位を獲得し、ランキングでも上位を獲得すれば、どんどん商品が売れるようになり良い循環ができるようになっていきます。

すると月に1万円の売り上げも、次は10万円、100万円と倍々ゲームになる可能性が出てきます。

もちろん需要と供給が関わってくるので、限度はあります。

そこでよく用いられる手法は、次の流れです。

  1. 価格を赤字程度にまで下げて大量に販売する
  2. それによって検索上位を獲得する
  3. 利益が出るところまで価格を上げる

これによってAmazonから有益な出品者として認識してもらえ、検索上位に上がりやすくなるのです。

A10攻略1.商品の注文数
注文個数の多い出品者の商品が
検索上位を獲得しやすい

2.ユニットセッション率

ユニットセッション率は簡単に言い換えると、自分の商品ページが閲覧されている回数とそこから商品が購入されているパーセンテージです。

CVR(コンバージョン率)と呼ばれることもあります。

Amazonのセラーセントラルで確認する事ができるユニットセッション率が低い場合は、

公開中の商品ページ内にニーズを満たせていない原因がある可能性が高いです。

これを見つけて改善していくことで売れるようになります。

A10攻略2.ユニットセッション率
商品ページ内のニーズを満たせていない原因を改善すると売れる

3.ページ内キーワード

商品の注文数やユニットセッション率は、いわゆる能動的なデータでしかありません。

つまり消費者の動向から改善することはできても、直接消費者にうったえかけることはできません。

ページ内キーワードは、自分のやり方次第で比較的、消費者にダイレクトにアクションを起こす事ができます。

というのもページ内キーワードはこちらが狙った上で選定し、消費者の行動を誘導する事ができるためです。

その際には、キーワードを自然に入れていく事が重要です。

ここで重要なのが、必要な商品とそうでない商品の取捨選択です。

売り上げが伸びなさそうな商品はすぐに撤退し、可能性のある商品にフォーカスしましょう。

これによって資金を効率的に運用する事ができるようになり、時間の効率化にもつながっていきます

A10攻略3.ページ内キーワード
消費者にダイレクトにアクションを起こすことができる

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおける、SEOや検索キーワード選定についてご紹介してきました。

検索キーワードAmazonで使われているアルゴリズムの仕組みについてその重要性を理解し、

  • 効果的なSEO
  • キーワード選定

の対策をとっていきましょう。

そうする事で売り上げが向上していくことにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です