上手く使えば稼げる?中国輸入でアマテラスを利用するメリットとは

中国輸入ビジネスのツール活用といえば、真っ先に挙がってくるツールの1つ。

それが、今回ご紹介していく「アマテラス」です。

中国輸入といっても相乗り販売やOEM・ODMといったオリジナル商品販売など多様です。

それらに必要な作業を人間に代わって行ってくれるツールが「アマテラス」なのです。

そこで今回は中国輸入ビジネスで稼いでいくために心強いパートナーとなる「アマテラス」の

  • 使い方
  • メリット
  • デメリット

について解説していきます。

アマテラスとは

アマテラスは中国輸入ビジネスにおける

  • 根気のいるリサーチ作業
  • 売上アップに関わる作業

トータルでサポートしてくれます。

実際中国輸入ビジネスで稼いでいくためには、根気のいる作業ばかりです。

市場は基本的に常に変化することが当然です。

そのため、相乗り販売についても常にリサーチは必須といっていいでしょう。

またオリジナル商品販売様々なメリットが存在します。

しかし、永久的に売上を取ってくれる訳でもありません。

ここで問題になってくるのが、

それらを行うにあたっての業務を如何に効率化していくか

ということになってきます。

基本的に中国輸入ビジネスは

  • 在宅ワークで稼ぐことができる
  • 上限なく稼ぐことができる

メリットの多いビジネスです。

しかし、コツコツとした作業が多いので途中で挫折してしまう方も少なくありません。

また会社員のように安定した固定給がある訳でもありません

一概にはいえませんが、楽なのは会社員かもしれません。

しかし、記憶に新しいところでは「副業解禁」「老後2000万円問題」などを見てわかるように会社員の行く末は不透明であることが現状です。

今回はお伝えしたいのは、

  • 中国輸入ビジネスを本業にした方が良い
  • 会社員をやめた方が良い

ということでもありません。

本業で中国輸入ビジネスを行うにしても、
副業で行うにしても効率化は欠かせないということです。

また以前挫折してしまった方でも、ツールによる効率化の方法を学べば稼ぐことができるということです。

そこで有用的なのがツールの活用であり、その一つとしてアマテラスが存在する、ということです。

◇まとめ◇

アマテラスとは中国輸入ビジネスの作業をトータルサポートしてくれるツール。

ツールの有効活用でビジネスが効率化でき、稼げる!!

アマテラスの使い方

それでは、アマテラスの使い方についてご紹介していきましょう。

今回ご紹介していくのは中国輸入ビジネスにおける使い方です。

補足としてアマテラスは中国輸入に加え、欧米輸入欧米輸出に関しても活用できます。

手順は以下の通りです。

  1. 商品検索
  2. ASIN商品の結果検索
  3. 選定した商品の仕入れリサーチ

それでは1つずつ見ていきましょう。

商品検索

アマテラスでログインすると「商品検索画面」に移ります。

  • キーワード
  • ASIN・ISBN
  • 価格
  • カテゴリー

などを入力し、検索対象を中国輸入にチェックを入れて検索していきます。

また

Amazonから商品のASINをコピペして入力する方法

が簡単なので今回はそれを想定してください。

全く難しいことはありません

検索エンジンで調べ物をする感覚となんら変わりません。

◇まとめ◇

商品検索は、検索エンジンで調べ物をする感覚と同じで簡単!

ASIN商品の結果検索

入力後検索すると、検索商品のデータ詳細画面に移り変わります。

データは

  • 商品のランキング
  • 折れ線でグラフ化されたランキング
  • 商品のレビュー数
  • 競合となる出品者
  • Amazonに引かれる手数料
  • 利益率計算表

など、中国輸入ビジネスにおいて必要になってくる商品情報を網羅的に確認することができます。

これらをツールなしで調べていくとかなりの手間と時間を必要とします。

そのため、必要事項を入力するだけで確認できるのは、非常に効率的です。

◇まとめ◇

商品検索結果から必要な商品情報が網羅的に確認できるので、非常に効率的

選定した商品の仕入れリサーチ

そして、ここからが実際に中国市場における商品のリサーチです。

中国輸入を行うにあたっては様々な仕入れルートが存在します。

その中でも最も効率的な方法の1つがアリババやタオバオのようなECサイトからの輸入です。

先ほどのASIN検索の画面右手に中国検索の欄があります。

そこにあるアリババかタオバオをクリックしてリンクに飛ぶと、それらの商品ページに移ります。

ここでは、在庫などの関係で商品が見つからないこともあります。

しかし基本的に、この方法でほとんどの商品を見つけることができます

先述したような商品リサーチを手動で行う場合とは違い、数分で商品情報・商品ページを見つけることができました

効率化ですね。

ここまでのリサーチだけでも数倍に飛躍したのではないでしょうか。

先ほどの、検索方法で見つからない場合でも画像検索で見つけることも可能です。

◇まとめ◇

実際の仕入れ先も検索画面にリンクがあるので簡単に見つけることができる。

アマテラスのメリット

先述したように、効率化を図れるという点がアマテラスを使う最大のメリットでしょう。

他にも

  • 利益率計算表の活用
  • 商品データの網羅的な確認
  • 効果的なリサーチを行える
  • セラー追跡機能の活用

などがあります。

それでは一つずつ見ていきましょう。

利益率計算表の活用

ビジネスの目的は収益の確保でしょう。

そのため全てのビジネスに共通することですが、利益率の計算はビジネスの最も重要な要素の1つです。

その利益率の計算についてもアマテラス内で行うことができるのです。

他のサービスやアプリ、手書きなどで行う必要がないので、こちらも最終的に効率化に繋がります。

商品データの網羅的な確認

例えば、商品情報をAmazonやアリババやタオバオのようなECサイトから仕入れていくことは非常に時間と手間がかかる作業です。

冒頭でお伝えした、根気のいる作業というのは正にこの点です。

ツールを活用しない場合、この膨大な商品から情報を入れる作業で億劫になって挫折してします方が多いようです。

これを数分で網羅的に確認することができる点も大きなメリットになります。

効果的なリサーチを行える

副業的に中国輸入ビジネスを行う方は本業や家事など時間的に忙しい方が多い傾向にあります。

時間をかけられないと効率的なリサーチはできないと思われがちです。

しかし、効率化することで、それは改善できます。

実際副業的に行なっている方であっても、アマテラスのようにツールを効果的に活用することで

月に3桁台の収益

を出している方も存在します。

効果的なリサーチというのは、時間をかけることではありません。

いかにスピーディーに利益率の高い商品を見つけられるか、です。

これにはアマテラスが欠かせません。

セラー追跡機能の活用

相乗り販売であれば、稼いでいるセラーを探して、そのまま同じ商品を販売するので鉄則です。

しかし相乗りでもオリジナル商品販売でも、稼いでいるセラーを見つけることは重要です。

ビジネスで成功するには真似ることから。

という格言も存在しますが、正に成功している方をみてそこから学びましょう。

そうすることで、自分の商品選定や商品ページ作成など、様々な点に応用が利いてきます

◇まとめ◇

収益率の計算、商品情報や商品リサーチを簡単・効率的に行える。

また、稼いでいる人の追跡で販売方法のコツを学ぼう。

アマテラスのデメリット

アマテラスを使うにあたって、もちろんメリットばかりではありません

メリットだけであれば誰しも利用しているはずですので、こちらも抑留して使うことをオススメしています。

ユーザーによってバックグラウンドが異なるので一概には言えませんが、一般的に考えられる点が以下です。

  • 月額使用料が発生する
  • リサーチスキルが向上しない可能性
  • 他のツールへ移行しにくい

という点があるからです。

そレでは1つずつ見ていきましょう。

月額使用料が発生する

先述したように、ビジネスの目的が収益の確保である以上、収入はもちろんですが支出を減らすことに注力しなくてはいけません。

本業で大きく稼ぐことが目的であれば、月額使用料を容易にカバーすることもできます。

しかし、副業的に行うユーザーにとっては検討すべき点かもしれません。

現在は他のツールであれば無料のものも存在するので、自分にあったタイプのツールを活用すると良いでしょう。

しかし、使用料が発生するということは、それだけ価値のあるツールでもあるという点は覚えておくと良いでしょう。

リサーチスキルが向上しない可能性

アマテラスがハイスペック故に

リサーチスキルが向上しない

という点も、人によってはデメリットになるかもしれません。

以前であれば手動でコツコツと学んでいくはずの方法でした。

しかし、お金を払うだけで網羅的に即座に情報確認が可能になるので、スキルがほとんど必要ありません

するとスキルの向上には繋がらなくなってしまいます。

他のツールへ移行しにくい

インターネットビジネスや副業の関心は、今後さらに高まっていくことが予想されています。

それに伴い、アマテラス以外の同様のツールが出てくる可能性も大いにあります。

料金面や性能面で後発のツールの方が効果的であれば、そちらに移行していくのは当然です。

そんな時にアマテラスに慣れてしまうと、他へ移行しにくいという点もデメリットになるかもしれません。

◇まとめ◇

アマテラスは有料のツールなので、自分の稼ぎ方に合わせて使用するかを考える必要がある。

まとめ

今回の記事では、中国輸入ビジネスにおけるアマテラスの使い方メリット・デメリットについて解説してきました。

効率的に稼ぐためには欠かせないツールの1つです。

本文であげたように様々なメリットが存在するので、効果的に活用すれば効果を発揮します。

しかしもちろんデメリットも存在するのでその点を留意して検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です